通販で買える化粧品が安いのはなぜ?その理由とデメリットを解説

最終更新日:2019年6月21日

通販で化粧品を探したら、お店で買うよりも安かった…どうして?
通販で化粧品が安く買えるのにはいくつか理由があるんだ。
今回は、なぜ通販の化粧品が安いのか、その秘密にせまっていこう!

この記事では、化粧品の通販について、以下の3点から解説していきます。

  • 通販で買える化粧品が安いのはなぜか
  • 通販で化粧品を買うメリット・デメリット
  • ドラッグストアvs通販どちらが安いのか

化粧品通販について詳しく知って、お得に化粧品を手に入れましょう。

通販で買える化粧品が安いのはなぜ?

たくさんの化粧品

「通販だと店頭で買うより化粧品が安く買える」イメージをお持ちの方も多いでしょう。

実際に、店頭よりも通販の方が格安で化粧品を買えるケースが多くあります。

通販で化粧品を購入した方が安い理由は大きく4つあるよ。
ひとつずつ見ていこう!

理由①定期購入になるから

通販で基礎化粧品を買うときによくあるのが”定期購入”です。

化粧品をメーカーは初回は80%割引にしたとしても、2回目から定価で購入し続けてくれれば初回の割り引いた料金分の回収が可能です。

これはメーカーにとっても良いことですが、商品を購入した方も継続的に商品を使用するのであれば、お得に購入することができるので、双方にとってメリットがあります。

基礎化粧品は初回が安くなったりお得なトライアルセットがあったりするね。
直接肌に触れるものだから、試してみて合わなかったら定期購入せずに他のものを試してみよう!

▽トライアルセットについて詳しくはこちら▽

人気の基礎化粧品をご紹介!おすすめの化粧品トライアルセット5選

理由②顧客リストを獲得するため

数千円で購入できるのに、定期購入の縛りのない化粧品はメーカーが顧客リスト獲得のために割引をしていることがあります。

商品を購入するにあたり、名前や電話番号などの情報をメーカーに提供するため、メーカーは美容に関心の高い顧客の情報を入手することができ、その顧客に本商品を購入してもらうことなどで初回の割引分を回収していくのです。

理由③人件費がかからない

3つ目の理由は人件費がかからないことです。

通販なので当たり前ですが、販売スタッフがいません。

通販で買える化粧品の値段が安い大きな理由です。

人件費が抑えられる分、デパートの美容部員さんからのようなアドバイスは受けられないんだね。

理由④海外から仕入れている

4つ目の理由は販売している化粧品を海外から仕入れていることです。

海外から仕入れると安いカラクリは、円と外貨のレートの差にあります。

よくニュースなどで1ドル110円とやっていますが、値段は毎日変わるので、その価格差を利用することで安く販売することができています。

通販で買える化粧品には2種類ある?【なぜ安いのか】

たくさんの化粧品

通販で買える化粧品には実は2種類あります。

気づかずに購入していることもあるのでこの機会にぜひ理解しておくようにしましょう。

正規輸入品

正規輸入品という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

日本の正規代理店がメーカーから商品を輸入して、国内の正規販売店で売られているものを正規輸入品といいます。

正規輸入品にはいくつかメリットが存在します。確認してみましょう。

正規輸入品のメリット

  • 安心感がある
  • 価格の高騰がない
  • アフターサービスが受けられる

正規輸入品は、正規販売店が直接輸入して販売している商品なので、安心感があります。偽物を販売していた業者が捕まったというニュースを耳にしたことがあると思います。

また正規販売店では、商品の人気に関わらず定価で販売されています。正規販売店以外ですと人気があるものは高騰することもあるので、この点はメリットです。

正規輸入品は、正規販売店でアフターサービスを受けることができます。

壊れたときに正規輸入品でないと修理をしてもらえないので注意が必要です。

正規輸入品のデメリット

  • 価格が高い
  • 人気の商品は入荷待ちになる

正規輸入品は品質が確かでアフターサービスも受けられる分、基本的には価格が高いです。

そして正規品の場合は、人気がある商品はみんなこぞって買うので入荷待ちになる可能性もあります。

正規輸入品は公式メーカーが仕入れるものだから、やっぱり安心感がピカイチだね!
でも割引やキャンペーンでの値引きはやっぱり少な目かな。

並行輸入品

つづいて並行輸入品です。

並行輸入品は正規販売店からメーカーに関係のない第三者が直接仕入れた商品のことをいいます。

並行輸入品にもいくつかメリットが存在していますので確認していきましょう。

並行輸入品のメリット

  • 正規輸入品よりも安い
  • 日本では未発売のものを購入できる

並行輸入品は販売する人が自由に値段を決められます。なので、定価よりもずっと安い価格で売られているケースも珍しくはありません。

正規販売店では仕入れていない、日本で未発売の商品が手に入る可能性があるのもメリットと言えます。

並行輸入品のデメリット

  • アフターフォローの保証がない
  • 商品説明が日本語ではない
  • 偽物の可能性がある

正規店で購入していないと、色々とデメリットが出てきます。

まずは保証やアフターフォローがないことです。商品に欠陥があっても修理を受けることができない恐れがあります。

海外の商品なので、商品の説明が日本語ではなく読めないなんてことも。

また、海外から直接仕入れているため、日本で売られている商品とは色味や質感が微妙に違うこともあります。

口コミがある通販サイトでしたら、口コミをよく見てから買うと損せずにすむでしょう。

そして、最大のデメリットは偽物の可能性があることです。

販売者が儲けるために偽物を安く仕入れ、本物と同様の値段で売ることも最近はあります。

実際に買ってみないと偽物かどうかわからないよね。
ネットや口コミで評価の高い、いろいろな人が使っている通販のほうが信頼して化粧品を買えるよ!

<正規輸入品と並行輸入品の比較表>

※スマートフォンでご覧の方は横にスクロールできます。

メリットデメリット
正規輸入品・安心感がある
・価格の高騰がない
・アフターサービスがある
・価格が高い
・人気の商品が入荷待ちになる
並行輸入品・正規輸入品より安い
・日本で未販売のものを買える
・アフターフォローがない
・商品説明が日本語でない
・偽物の可能性がある

通販で化粧品を買うメリット・デメリット

たくさんの化粧品

通販での化粧品の購入には良い点と悪い点があります。

通販で化粧品を買うメリット

まずはメリットのご紹介です。

  • わざわざ店舗に行かなくても良い
  • 購入するのに時間と場所を選ばない
  • トライアルセットやサンプルなどでお試しできる

通販のいいところは何と言ってもわざわざ店舗に行かなくてもいいところです。

時間も関係なく買えるので、夜中でも買えます。

そして、通販で買える化粧品にはトライアルセットを用意しているところが多く、安く色々な化粧品を試すことができます。

通販で化粧品を買うデメリット

続いてデメリットをご紹介します。

  • お店と違って試すことができない
  • 一度買うとメールやメッセージなど勧誘が来ることも
  • 知名度が低い商品は不安な部分も

化粧品を選ぶ時、使用感を大事にしている方が多いのではないでしょうか?

しかし通販だと手にとって試すことができません。自分と同世代で同じ肌質の人の口コミなどを参考にして買うとよいでしょう。

また、通販で購入するとメールやメッセージでの勧誘がしつこい場合もあるので、購入の際はその点も考慮しましょう。

一般的な大手化粧品メーカーが製造していればいいのですが、聞いたことのない知名度が低い商品は購入するのが不安になることも。

いつでもどこでも買えるから通販はとっても便利!
でも実際に試せないのが残念。
店頭で試して迷ったら、後から通販で購入するのもひとつの手だね!

ドラッグストアvs通販どちらが安いの?

ここまでの章では、おもにブランドコスメについて扱ってきました。

それでは、プチプラ化粧品を一番安く手に入れられるのは一体どこなのでしょう。

今回はプチプラコスメで有名なドラッグストアと通販について解説していきます。

割引商品のからくりは?【ドラッグストア】

化粧品を選ぶ女性

ドラッグストアで売られている化粧品は、デパートで美容部員さんが売っているものとは違う、いわゆる安い「プチプラコスメ」です。

ドラッグストアコスメの割引対象商品は20~30%OFFで売られることがありますが、プチプラコスメはほとんどが割引対象外です。

ドラッグストアに割引対象外商品があるのは、資生堂マキアージュが初めて採用した「ノープリントノープライス」という制度と関係しています。

取引をする際に、メーカーから小売店に実質的な参考価格を示し、小売店が参考価格より低い値段でコスメを販売すると、メーカーが商品の配荷をストップしてしまうというものです。

この制度はすべての化粧品に採用されているわけではないので、小売店はノープリントノープライス以外の商品の値段を割り引いて宣伝し、一緒に買われていく割引除外品から利益を得ます。

ドラッグストアはなんでも安い印象だったけど、ほとんどのプチプラコスメは割り引かれていないんだね。
もし欲しい化粧品が割引対象に入っているなら、ドラッグストアで安く買えることもあるよ!
ある価格で決まって売られているということはないから、常にチェックが必要だね。

また、ドラッグストアではワゴンごと店頭で安売りセールしていることもありますが、その商品は在庫処分品としてセールに出されています。

化粧品の開封前の使用期限は一般的に3年以内と言われているので、入荷してから長期間経った可能性のある化粧品を購入する際は早く使い切るか、そもそも買わないのがベターでしょう。

化粧品の使用期限を守らないと変色したり、質感が変わってくるから使わないようにしよう。
質が落ちた化粧品を使うとお肌がダメージを受けて肌荒れの原因になっちゃう!

プチプラコスメはAmazonが穴場!?

プチプラコスメ=ドラッグストアという認識はあながち間違いではありませんが、実はAmazonなど、化粧品以外の商品も扱っている総合通販で安く買えることがあります。

たとえばAmazonでは、5点対象商品を買うと150ポイント還元したり、対象商品2,000円以上購入で他の商品がプレゼントされたりと常にさまざまなキャンペーンが行われています。

また、プチプラコスメをまとめ買いすることで、通販のデメリットである”配送料”をタダにする制度もできました。

通販のキャンペーンはどんどん変わっていくよ。
定期的にチェックして、お得にプチプラ化粧品を買おう!

▽プチプラ化粧品について詳しくはこちら▽

安い化粧品はどれをどこで買えばいいの?人気のプチプラコスメ9選!

まとめ

通販で買える化粧品が安いカラクリはわかりましたか?

通販の化粧品はメリット・デメリットどちらも存在するので、通販が良いか悪いか判断するのは難しいことでしょう。

後悔しない選択をしてください。