ビズリーチってどんな転職サイト?登録の仕方から使い方まで徹底解説!

ビズリーチとは?

ビズリーチ

ビズリーチとはどのような転職支援サービスなのでしょうか?

ビズリーチとは一見、転職エージェントと呼ばれている転職支援サービスと同じだと感じている人も多いでしょう。

一般的な転職エージェントは、職務内容や勤務地、年収などの希望条件をエージェントに伝えると、それに合う求人を紹介してくれます。

その求人が気に入れば、選考の日程を調整して入社が決まるまでの一連のプロセスをサポートしてくれるというサービスです。

一方、ビズリーチはその仕組みとは異なります。

ビズリーチに登録すると、あなたに連絡をしてくるのはビズリーチのエージェントではなく、「企業の担当者」または「ビズリーチに在籍しているヘッドハンター」です。

彼らが「スカウト」という形で連絡をしてきます。

ビズリーチと一般的な転職エージェントと大きく異なる部分は、企業の担当者が直接あなたに声をかける「ダイレクトリクルーティング」と呼ばれる手法を取っているかいないか、です。

⇒公式サイトはこちら

ビズリーチでまずは会員登録しよう

鍵とMENBERSHIPと印字されたキーボード

ビズリーチの転職支援サービスを受けるには、まずは会員登録をしなければいけません。

ビズリーチには有料のプレミアムプランと、無料のスタンダードプランがあります。

どのように違うのでしょうか?表で比較してみます。

プレミアムプラン(有料)スタンダードプラン(無料)
企業が掲載している求人への応募×
ヘッドハンターが保有している求人への応募×
ヘッドハンターからのスカウトの閲覧・返信×
企業・ヘッドハンターからのプラチナスカウトの閲覧・返信
特集・公募求人への応募

※プラチナスカウトとは登録者の職務経歴書に強い興味を持った企業やヘッドハンターから届く特別なスカウトのことです。

有料のプレミアムプランに登録することで、表の通り、受けることのできるサービスの幅が広がります。

さらに、有料のプレミアムプランにはタレント会員とハイクラス会員の2種類があります。

タレント会員ハイクラス会員
月額2,980円/30日間4,980円/30日間
登録条件登録内容をもとに、「現在の年収」を含むビズリーチ独自のタレント会員の審査基準を満たしている方登録内容をもとに、「現在の年収」を含むビズリーチ独自のハイクラス会員の審査基準を満たしている方

ハイクラス会員になると、ハイクラス会員限定の求人を見ることができます。

まずは無料のスタンダードプランから始めて、ビズリーチで本格的に転職活動を進めたい人はプレミアム会員に登録することをおすすめします。

次の見出しでは、登録後から内定までの流れを説明していきます。

登録から内定までの流れは?

疑問

いざ登録をしたものの内定までのイメージが湧かないあなたの為に、登録から内定までの流れや使い方を説明します。

STEP1:会員登録

先ほども説明した通り、ビズリーチのサービスや審査を受ける場合は、まず会員登録が必要になります。

登録後、職務経歴書にこれまでの経歴を記入してください。

登録内容の審査が完了すると、サービスを利用することが可能となります。

STEP2:企業・ヘッドハンターとの連絡

次は企業・ヘッドハンターと連絡をとりましょう。

企業とやり取りをする場合とヘッドハンターとやり取りをする場合では異なるので、分けて説明していきます。

企業と直接やり取りをする場合

  • 企業から届いたスカウトに返信
  • 企業が掲載している求人を検索
  • 求人案内メールからの応募

企業と直接やり取りをする場合、企業からスカウトが直接届くので、 まずはそのスカウトに返信をしましょう。

その理由はあなた以外の求職者の方にも企業はスカウトをしている可能性が高く、返信をせず時間が経過してしまうと、そのポジションが埋まってしまう可能性があるからです。

ですのでまずはスカウトに返信した後に、求人検索より求人内容を確認します。

企業が求める条件とあなたの職務経歴がマッチした場合にメールが送られてくるので、その時点であなたが求める求人内容であればその求人に応募します。

ヘッドハンターのサポートを受ける場合

  • ヘッドハンターから届いたスカウトに返信
  • ヘッドハンターが掲載している求人を検索
  • ヘッドハンターを検索

ヘッドハンターのサポートを受ける場合も企業と直接やり取りをする場合の時と同様で、ヘッドハンターから届いたスカウトには素早く返信をしましょう。

理由も前項同様で、ポジションが埋まってしまう可能性があるからです。

またヘッドハンターが持つ案件には秘匿性が高いものも多く、スカウトに詳細を記載できない案件などもあるので、スカウト内だけで判断するのはやめましょう。

ですので、ヘッドハンターから届いたスカウトには素早く対応をするべきです。

求人検索で「ヘッドハンター案件」というラベルが付いた求人はヘッドハンターが持つ案件になります。

またヘッドハンターには担当者ごとに業界ごとの強みが異なります。

そのようなヘッドハンターを理解するのに使えるツールとしてヘッドハンターの評価を可視化した「ヘッドハンタースコア」というものがあります。

あなたの希望する業界に強いヘッドハンターを探すための便利なツールです。

このようなツールを活用しながら、最もパートナーとして適するヘッドハンターを探し、納得できる方を見つけることができたら、次は実際にヘッドハンターと会います。

ヘッドハンターに希望を伝えるとマッチした求人の紹介や職務経歴書の書き方面接対策などのサポートを受けることができるだけでなく、ヘッドハンターによっては秘匿性の高く条件の良い非公開求人なども紹介してもらえる場合があります。

なかなか公にされていない求人を持っているというのはヘッドハンターを活用する大きなメリットです。

STEP:3面接

企業と直接やり取りした経由、またはヘッドハンター経由で求人を紹介してもらった場合でも、就職活動で大きなポイントとなるのは、この面接です。

面接日が決まったら、面接日までに対策として自己紹介や 自己PR、また当たり前に質問されるような転職理由や志望動機、活かせる経験やスキルなどの返答については予め準備をしておきましょう。

ヘッドハンター経由の場合はヘッドハンターが企業と面接日の調整や面接の対策などを行なってくれるので、 不安がある方はヘッドハンター経由で準備を進めたほうが安心です。

STEP4:内定

面接を通過し見事に内定を企業から受けた場合のやるべきことは、内定通知書の内容を確認し理解することです。

入社日やそれまでに準備しておくものなど、不明な点があれば企業にお問い合わせして確認しましょう。

またヘッドハンター経由の場合は、内定がもらった後年収などの条件交渉や入社日の調整などもヘッドハンターがおこなってくれます。

⇒公式サイトはこちら

ビズリーチを利用した人の口コミ

ビズリーチのクチコミを囁く女性

ビズリーチを実際に使用した人から寄せられた口コミをみていきましょう。

ビズリーチを利用した人の良い口コミ

転職の可能性が拡がると感じました。
よくCMで流れていたのでまずは登録してみました。登録すると同時に様々なエージェントから連絡が来ました。スタンダードプランでの登録だと金額はかかりませんが、多少の規制があります。はじめのうちはお試しで有料プランを使用できるのでその間に転職を決められるといいのでしょう。この点は非常に気に入っています。

転職エージェントを自分で検索しなくても非常にやる気のあるエージェントがアプローチしてくれるので、その点では非常に利便性は高いです。
ハイクラスの案件がたくさんあるので、キャリアアップ転職をしたいと考えている方に対して非常に有利であると思います。

出典:みんなの評判ランキングより

企業からの直接オファーが本当に来ました
企業からのオファーは本当に来るのか?と懐疑的に思ってましたが、本当に来ました。ただ最初に簡単に登録しただけでは来ず、かなり自分の情報を詳しく書き込む必要はありましたが…。
結果的にこちら以外のサイトで転職を決めましたが、何人か企業の担当者にお会いしましたし、今でも登録してたまに見ています。
転職する気がなくても、自分の市場価値チェックのために登録しておくのもありだと思います。載っている企業は、インターネット系や、ベンチャーが多いです。

出典:みんなの評判ランキングより

ビズリーチを利用した人の悪い口コミ

よいオファーはあるけど、値段がやや高い
他の転職サイトと比較して、ワンランク上の求人情報を見られるようだったので、登録してみました。
登録時にかなり一生懸命レジュメや職業履歴を書いたためか、届くオファーの数は多かったです。
何人かのエージェントと会話をしましたが、変な感じの人はいませんでした。エージェントのプロフィールもしっかり掲載されているので、なんとなく安心できました。しかしながら、他の転職サイトは基本無料のものが多いですが、
ビズリーチは会費が発生します。安くはないので、できるだけ短期間でいい仕事を見つけたい人向けです。

出典:みんなの評判ランキングより

期待したのと全く違った
求人情報誌やネットを利用して転職活動をしてきました。なかなか転職先が見つからないので、転職専門のサイトに登録して確実に転職できるようにと一歩踏み出しました。
そんな時にインターネットで目についたのが、ビズリーチです。即戦力人材と企業をつなぐことを売りにしているので、良い企業を紹介してくれると期待していました。
しかし、この転職サイトは他のサイトと仕組みが違っていました。このサイトでは自分の希望条件にあった企業を紹介してくれたり、転職を成功させるためのサポートをするという形ではありません。

自分の職務経歴や希望条件などを登録しておくと、その条件を見たスカウトが連絡してくるというものです。
スカウトも採用企業の担当者だけでなく、実際に会ったスカウトに聞いたら、転職を手がけるエージェントだった人もいます。

出典:みんなの評判ランキングより

一部にはなりますが、ビズリーチを利用した人の口コミになります。

実際に利用した人にしか分からないこともありますので、ぜひ参考にしてみてください。

よくある質問集

質問をする男性

ではここまででビズリーチを利用するにあたり、審査や使い方について分からない点、よく質問されることなどにどういったものがあるのでしょうか。

登録した情報はどこまで公開される?

登録された職務経歴書の審査承認と同時に、

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 生年月日

上記以外の情報はすべて公開されます。

ただし注意しなければいけないことが2点あります。

  • 最終段階となる求人へ応募された場合
  • スカウトへ返信される登録画面で「名前を表示」「連絡先を表示」のチェックボックスにチェックを入れたままの場合

このふたつがなされた場合は、非公開の情報についても公開されるので、確認をした上で登録をしましょう。

特定の企業・ヘッドハンターに対して職務経歴書を非公開にできる?

転職の際に気になるのが

「転職活動が現職の会社に知られてしまうのではないのか?」ということではないでしょうか。

結論から言えば、働いている会社に知られることはありません。

転職は多くの場合、現職の会社に知られたくないもの。

例えば現職の取引先など身近な企業があった場合はその特定の企業に対して、自分の登録情報を開示しない「ブロック機能」があり、個人情報の特定ができないようにすることができます。

なので職務経歴書を非公開にすることはできます。

ただし非公開にすることにより、企業やヘッドハンターからのスカウトは送られなくなってしまいます。

その場合、前項で紹介したようなヘッドハンターが持つ秘匿性の高い求人などの機会ロスが発生することは念頭に入れておかなければいけません。

応募したのに返事がないのはなぜ?

応募したのに返事がない場合、選考や調整に時間を要していることが考えられます。

ビズリーチは応募翌日を1営業日目として5営業日以内に返信するよう企業やヘッドハンターに対してお願いしています。

なので1週間を過ぎても連絡がない場合、電話かビズリーチのメッセージ機能で企業担当者、ヘッドハンターに直接状況確認の連絡をしましょう。

退会方法を教えて欲しい

退会は下記のページから手続きできます。

www.bizreach.jp/landing/pc/hh_jpf03_b

ただし退会すると

  • 保存した希望条件
  • 職務経歴書
  • 応募履歴
  • すべてのメッセージ履歴

これらの状況が消去され、「再開をしたい」という状況になっても退会後は登録情報を復元することができません。

なのでメールやスカウトの受信だけを停止することが可能であったり、登録会員情報や職務経歴書などの情報を保持した状態で、一時的にサービスの利用を停止するという使い方もできるので、また転職することが考えられるのであれば、退会せずに「サービスの停止」をしたほうが良いです。

ちなみに「サービスの停止」をした場合、登録情報は「非公開」のまま保存となり、またメールの通知のみを停止することもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビズリーチの最大の特徴は求職者がお金を払って登録するという仕組みです。

ただし求職者にとって登録費用がかかるリスクがある一方で、企業と直接やりとりができたり、優秀なヘッドハンターが転職活動をサポートしてくれるうえ、また条件の良いハイクラスの求人を斡旋してくれるというのは魅力的であり、あなたの現状の状況にあった使い方ができるサイトにもなります。

『転職をする』というのはエネルギーが必要ですので、転職に後押しが必要なのであればビズリーチを活用することをおすすめします。