クレジットカードの審査に落ちた!審査に通るための方法とは?

更新日:2019年06月12日

クレジットカードを申し込んだんだけど、審査に落ちちゃったの。何が原因かわからなくて不安…
クレジットカードの審査落ちにはしっかりとした理由があるんだよ!審査落ちの理由と、審査落ちを避けるための方法を解説していくね!

クレジットカードを発行するにあたり、避けて通ることができないのが「審査」です。

カード会社によって審査が行われ、審査が通過することで、はじめてクレジットカードが発行されます。

その審査において、よく耳にするのが、上記にもある「審査に落ちた」という審査が通らなかったという内容です。

一体どういう状況の場合、審査落ちになってしまうのでしょうか。

今回が審査落ちになってしまう理由と、審査に通るための方法を紹介します。

クレジットカードの審査落ちの理由とは?

両の手のひらを広げる男性

クレジットカードを申し込んで審査落ちになってしまった場合、まず知りたいのが審査落ちになってしまった理由だと思います。

しかし、クレジットカード会社は審査落ちの理由を教えてくれません。

では審査落ちになってしまった原因として考えられる理由にはどのようなものがあるでしょうか。

審査落ちになる理由としては主に以下の5点が考えられます。

  • 収入が不安定
  • ブラックリストに載っている
  • 消費者金融を利用している
  • 虚偽申告をしたり、書類に不備がある
  • 短期間で複数枚申請している

それぞれ解説していきます。

収入が不安定

返済ができない可能性のある人は審査落ちの可能性があります。

無職であればもちろんのこと、収入が安定しない職種や自営業者という場合も審査通過率が下がります。

ただクレジットカード会社によってもその基準は異なります。

カード会社の中には収入が0の人や学生でも作れるカードを発行しているところがあります。

そのため、収入が不安定であったり少ない方、学生である場合は、審査がゆるいカード会社に申し込みをしましょう。

審査がゆるいカード3選はこちら

ブラックリストに載っている

クレジットカードの返済などで滞納した経験がある方は要注意です。

滞納したという記録はクレジットヒストリーと呼ばれる過去の取引履歴に残ってしまいます。

クレジットヒストリーの過去の取引履歴には、「住宅ローン」や「マイカーローン」といったローンの情報や、「携帯電話の割賦購入」や「クレジットカードの申し込み」まで、借入や返済などの履歴が記録されています。

つまり、こうした支払いで滞納や延滞など未払いなどが続くと、クレジットヒストリーが汚れてしまい、審査に落ちる確率が上がります。

さらに、未払いなどの期間が3ヶ月以上など、続いてしまうとブラックリストに載ってしまい、審査が通らなくなってしまいます。

こうした状況になってしまうと、最長でも5年間カードを作ることができなくなってしまいます。

ブラックリストにのってしまう条件の例として以下のものがあります。

注意
  • 61日以上、または3ヶ月以上の延滞
  • 金融機関が強制的に契約解除した
  • 保証会社が代位弁済した
  • 自己破産などの債務整理をした
  • 年収や職業をを偽るといった虚偽の申告をした
︎専門家からワンポイントアドバイス!
   
佐藤 喜三男

ファイナンシャルプランナー/相続診断士/個人情報取扱主任者/証券外務員(第一種)/損害保険募集人

大手証券会社、大手クレジットカード会社、新たな形態の銀行...

 お金を使っているという感覚が希薄になりがちです。いつのまにか利用限度額がいっぱいになり、もう使えない、などということにならないように注意が必用です。万一返済が滞り、個人信用情報機関に金融事故歴が登録されたら、あらゆる金融サービスを受けられなくなることを覚えておきましょう。

消費者金融を利用している

自分自身の信⽤情報に問題点がないのに、審査に落ちてしまった場合、消費者金融などの借⼊状況を確認しましょう。

印象があまりよくない消費者⾦融からの借⼊があると、イメージどおりネガティブなイメージを持たれてしまい、返済能力が低いと判断されてしまいます。その結果、審査に落ちてしまう可能性があります。

虚偽申告をしたり、書類に不備がある

クレジットカードの申込みの際、申込フォームで虚偽申告した場合、発覚した時点で審査打ち切りとなり審査落ちの原因につながります。

虚偽申告をしたとしても、カード審査では申込者の情報をさかのぼり調査するため、すぐにばれてしまいます。

カード会社は⽒名、住所、⽣年⽉⽇、運転免許証番号、過去の⾦融商品の審査申し込み履歴や、審査会社によっては勤務先への「在籍確認」も⾏われます。

ではバレた場合にどうなるか?というと、審査に落ちるだけでなく「社内ブラックリスト入り」となり今後、よほどのことがない限り、その会社のクレジットカードをつくることができなくなります。

また書類の不備も意図的でなくでも印象がよくないので注意しましょう。

短期間で複数枚申請している

たとえば1ヶ月の間に3枚以上申し込んだ場合は審査に落ちる可能性が高いです。

理由としては、貸し倒れの可能性があると考えられてしまうからです。

例えば複数申し込む理由として、カードのキャッシング枠を使って現金がほしい、手持ちのクレジットカードの限度額がいっぱいになってしまったので別のカードでさらに買い物をしたい、という状況が考えられます。

こうした状況の人はお金に困っており、返済能力が低いと考えられるため、複数枚申請した場合は審査が通りにくくなってしまいます。

クレジットカードは多くても月に1、2枚程度の申請にとどめ、必要な枚数だけ申請するようにしましょう。

審査落ちしたからといって焦らずに、何が原因で落ちたのかを考えよう!
︎専門家からワンポイントアドバイス!
大西 真人

ファイナンシャルプランナー/クレジットカードアドバイザー®

赤坂ファイナンシャル株式会社 代表取締役一般社団法人 日本交...

クレジットカード契約時の注意点は、安易に申請しない、審査に通りたいからといって虚偽の申告をしないなど。例えば、複数枚を短期間でカード会社に申請すると、個人信用情報に影響する可能性もあります(ローン審査に不利に働く可能性があります)

審査落ちを事前に防ぐための方法

クレジットカードを渡す男性

前述では審査落ちの理由に触れてきましたが、では具体的にどのようにすれば審査落ちを防ぐことができるのでしょうか。

防ぐための方法を3つ紹介します。

  • 審査基準を満たしているか確認
  • クレジットヒストリーが汚れていないか確認
  • キャッシング枠を申し込まない

それぞれ解説していきます。

審査基準を満たしているか確認

クレジットカード会社では各社独⾃の審査基準を設定しており、その基準を満たした人がその会社のクレジットカードを所有することができます。

審査基準は年齢、年収など、さまざまな基準がありますが、最低の基準に関してはカード会社の公式ページに記載がありますので確認をしましょう。

クレジットヒストリーが汚れていないか確認

前述したクレジットヒストリー汚れていないことも条件のひとつになります。

ブラックリストに載っている場合はほぼ審査に通ることができないので、ブラックリストからの掲載が終わるまで待つ必要があります。

自分のクレジットヒストリーがどのような状況なのかはCIC(指定信用情報機関)であればインターネットで確認することができます。

またブラックリストから外れた後や、今までクレジットカードなどを持ったことがない人は、クレジットヒストリーが「ホワイト」とよばれる状態になります。

このホワイトという状態だと、今までの履歴がないため、カード会社は信用の確認がとれないので審査に落ちてしまう可能性が出てきてしまいます。

その状況の場合は、審査がゆるいカードを発行して、信用を作っていく必要があります。

キャッシング枠を申し込まない

クレジットカードの中にはキャッシングとよばれる機能がついているものがあり、お金を借りることができます。

ただお金を借りる場合、貸⾦業法による総量規制(年収の1/3を超える貸付を制限する)というものがあるため、すでに他社からキャッシングや金融を利用して借りている場合は審査が通りにくくなってしまいます。そのため、キャッシング枠を申し込まないで、クレジットカードの発行を申請しましょう。

審査落ちになってしまった場合

クレジットカード

では、クレジットカードを申し込んで審査落ちになってしまった場合、どのようにしたらよいのでしょうか。ここでは落ちてしまった場合の次の行動を紹介します。

審査落ちしてから半年後に再申請する

1社目で審査落ちしてしまった場合、審査の基準は異なりますが、おそらく別のカード会社での審査も落ちてしまう可能性が高いです。

その場合は半年後に申請するようにしましょう。

「クレジットカードの審査に落ちた」という情報は約半年間、信用情報機関に登録されます。そのため、その情報がなくなる半年後に再申請する方がおすすめです。

デビットカードを使う

クレジットカードの審査に落ちてしまったけれど、カード払いをしなければいけない場合にはデビットカードを代わりに使うことをおすすめします。

デビットカードはクレジットカードと異なり、ほとんどのカードで審査の必要がありません。

銀行口座からすぐに引き落とされるため、

そのためブラックリストに入っていたとしても、デビットカードならば発行することができ、カード払いをすることができます。

おすすめのデビットカードとしてポイントもたまり、年会費がかからない「楽天銀行デビットカード」があります。

楽天銀行デビットカードの詳細はこちら

審査がゆるいおすすめのクレジットカード3選!

クレジットカードの審査落ちをした場合、なんらかの項目で審査にひっかかてしまった結果です。

そうした状態においてまず大切なのが、信用を作ることです。信用を作るにはカードを使用して、延滞なくしっかりと返済していくことが大切です。

そのためにまずは審査のゆるいカードを発行していくことで信用を作っていきましょう。

カード名楽天カードイオンカードセディナカードJiyu!da!
年会費無料無料無料
次年度年会費無料無料無料
ポイント還元率1.00%~4.00%0.50%~1.33%0.50%~1.50%
こんな人におすすめ楽天を使う方イオンを使う方セブンやダイエーを使う方

楽天カード

楽天カード

年会費(初年度):年会費無料
年会費(翌年度以降):年会費無料
ポイント還元率:1.00%~4.00%
ポイント名:楽天スーパーポイント
発行スピード:最短3営業日

⇒公式サイトはこちら

<特徴>

  • ポイントが貯まりやすく使いやすい
  • 海外旅行傷害保険最大2,000万円補償
  • 楽天市場のポイント還元率が常に3%以上

楽天カードの大きな特徴として、年会費が初年度だけでなく、次年度以降も永年無料というカードを持っていても費用がかからない点があげられます。

さらに楽天カードは利用することで、100円(税込)につき1ポイント楽天スーパーポイントが貯まります。1ポイント1円として活用できるので、楽天市場をよく使う方や楽天ポイントを使用できるお店に利用される方はとてもお得に買い物やお支払いをすることができます。

そのほかにもセキュリティ面も充実しており利用情報のメール確認や本人確認サービスなど、不正利用を防ぐための機能がたくさんあります。また紛失・盗難時には24時間365日対応ダイヤルもあり安心です。

審査の基準も比較的ゆるめなので、クレジットカードを初めて持つという方にもおすすめの1枚です。

⇒公式サイトはこちら

イオンカード

イオンカード(WAON一体型)

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:0.50%~1.33%
ポイント名:ときめきポイント
発行スピード:2週間程度

⇒公式サイトはこちら

<特徴>

  • イオン系列でポイントがいつでも基本の2倍
  • 180日のショッピングセーフティ保険
  • イオンシネマ映画鑑賞割引や優待特典あり

イオンカードはイオングループの店舗をよく利用する方には非常にお得になるカードです。その理由を説明します。

イオンカードはイオングループの対象店舗で利用することで、ときめきポイントがいつでも基本の2倍になり、ポイント還元率が通常の0.5%から1.0%という高水準にあがるのでポイントを多く獲得することができます。

さらに毎月10日には「ときめきWポイントデー」というサービスがあり、クレジット払いを利用することで、ときめきポイントが2倍になったり、20日・30日の日にはイオングループでのお買い物代金が5%offになるサービスがあったりと日常生活において、とてもお得になるサービスがついています。

ほかの特典としてもイオンシネマでの映画鑑賞が300円割引き、特定の宿泊施設やレジャー施設などの優待割引などもあるので、イオンをよく使う方にはおすすめのカードです。

⇒公式サイトはこちら

セディナカード Jiyu!da!

セディナカード Jiyu!da!

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:0.50%~1.50%
ポイント名:わくわくポイント
発行スピード:1週間程度

⇒公式サイトはこちら

<特徴>

  • 年会費が永年無料
  • 毎月の支払額、支払い方法が自由に決定
  • 外貨両替の為替手数料が低コスト

セディナカードJiyu!da!の特徴は毎月の支払額や支払い方法を自由に決められることです。

他のカードの場合、「翌月1回払い」であることが多いのですが、セディナカードJiyu!da!の場合お支払い金額を「月々払い」で自分で設定して払うことができます。一般的にリボ払いと呼ばれる方法で、5,000円以上から5,000円単位で設定することができます。

通常リボ払いは手数料が発生しますが、セディナカードJiyu!da!のリボ払いは初回手数料が無料なので、支払額を月々払いの範囲内でおさめることができれば、手数料はかかりません。しかし、その額を超えてしまった場合は手数料がかかるため、使いすぎには注意が必要です。

他の特徴として、セブンイレブン、イオン、ダイエー系列の店舗ではポイントが3倍になり1.5%の高還元率になる点があげることができます。

セブンイレブンやダイエーをよく使う方には、このカードがおすすめです。

⇒公式サイトはこちら

まとめ

今回はクレジットカードの審査落ちの理由や防ぐ方法を紹介しました。

カードの審査落ちになってしまった場合、焦らずに何が原因だったのかをしっかりと考えることが大切です。

審査落ちの時にどうしてもカードを使いたい場合はデビットカードも検討してみてください。

▼おすすめ関連記事▼