イオンカードの口コミは悪い?評判やメリット・デメリットを紹介!

更新日:2019年06月17日

この前イオンに行った時に、イオンカードを勧められたんだけど、イオンカードって使いやすいの?
イオンをよく利用する場合、イオンカードは持っておいた方がお得だよ! 参考として実際にイオンカードを使っている方の口コミを見てみよう!

イオンカードはイオングループが発行するクレジットカードです。

イオンカードは年会費が無料で、かつポイントがたまる仕組みや特典がたくさんあるため、イオングループを使う方にとってはおすすめしたいカードです。

今回はそんなイオンカードの口コミを紹介します。また口コミだけではなく、イオンカードを使う上でのメリットやデメリットも一緒に解説していきます。

公式サイトはこちら

イオンカードの口コミ

口コミ

これからイオンカードの口コミについて確認していきます。

良い口コミだけでなく、悪い口コミも紹介していきます。

また口コミは、インターネット上の情報ではなく、独自で調査したものになりますので、信憑性が高く、参考になるはずです。

それではみていきましょう。

イオンカードの良い口コミ

まずはイオンカードの良い口コミを見ていきます。

  • ここなっつ   女性   35歳2019年06月17日


    お店のカード勧誘しているところで申し込めば、わからないことはすぐに聞けるし、カードが届くまで感謝デーなどの割引をしてもらえる仮カードをもらえて便利です。 WAONは200円で1ポイントですが、カード支払いはいつでもポイント2倍で200円2ポイントつくのでお得です。カード払いにしなくてもWAON機能のあるカードを選べば、自動でWAONにチャージできて、カードとWAONのポイント両方もらえるのでお得です。年会費も無料だし、貯めたポイントはWAONにいつでもチャージできるので、持っていて損はないと思います。

  • ぬこ   女性   33歳2019年06月17日


    クレジットカード機能だけではなくWAONも使えるので便利。高い買い物はクレジット、普段の買い物はWAONでと使い分けている。ときめきポイントもいつのまにか結構貯まっていくので良い。また、イオン店で、日によってはカード使用で引き落とし時に更に割り引かれたりとカードを持ってることでお得なる事が多く持っていて損のないカードだと思う。

  • ばなな   女性   30歳2019年06月17日


    とにかくポイントが貯まりやすいです。また、イオンでの優待特典なども多くて充実しています。 近所にイオンシネマがあるので、毎回1000円で観れることもとても助かっています。 年始のセールの際、分割支払いを選択しても利子はイオン負担でポイントもたくさんもらえるという広告を見て、購入を検討していた家電を即買いしました! 正直、いままで使用していたカードはほとんど使用しなくなり、イオンカードは1年でゴールドになりました!

  • イオンをよく使うお客様にとっては非常にポイントがたまりやすいという声がよく見つかりました。

    またWAONとよばれる電子マネーとも組み合わせて使える点も高評価でした。

    さらにイオンカードは特典も豊富で、イオンシネマで安く映画を見ることができたり、特定の日であれば料金が5%安くなるといったサービスがあり、口コミの評価も高くなっています。

    イオンカードの悪い口コミ

    つづいて悪い口コミを紹介します。

  • mee   女性   36歳2019年06月17日


    WAONポイントは200円に1ポイントなので、率が良いとは言えませんが、ポイント5倍デーなど結構あるのでその時は魅力的だと思います。しかし、貯めたポイントを1度イオンに設置されているステーションなるもので、○○ポイント(名称は忘れましたが…)に変換しないと使えないとか、変換できる期限が設けられているとか、ほんとに手間がかかって嫌です。

  • yu   女性   40歳2019年06月17日


    イオン系のスーパーでのみ利用しているので、可もなく不可もないです。 請求明細はwebで簡単に確認できるのでいいと思います。 貯まったポイントがセルフレジの際に出てきてくれたり、その日のお買い物に利用出来たらいいと思います。

  • イオンカードに関する悪い口コミは多くは見つかりませんでしたが、そのなかでもポイントに関する点で使いづらいという口コミがありました。

    ポイントの変換方法に関しては、これから紹介していきますので参考にしていただければと思います。

    一部にはなりますが、以上がイオンカードを実際に使用している方の口コミになります。

    良い点、悪い点とありますので、自分に合っているかどうかを確かめてから利用してみてくださいね。

    公式サイトはこちら

    イオンカードのメリット・デメリット

    Benefitを書いている手

    イオンカードは口コミの評判も高く、イオンユーザには欠かせない1枚ということがうかがえます。

    それではなぜ、イオンカードはこんなに高い口コミを獲得できているのでしょうか。

    ここからはイオンカードのメリットとデメリットを紹介します。

    高評価を獲得している理由、低評価になってしまった理由をみていきましょう。

    イオンカードのメリット

    まずイオンカードのメリットを紹介します。

    イオンカードのメリットは以下の点が挙げられます。

    • 年会費無料
    • 審査に通りやすい
    • ポイントがたまりやすい
    • お客様感謝デーはお買い物代金が5%オフ
    • 保証サービスがある
    • 特典が豊富

    それぞれ詳細に解説していきます。

    年会費無料

    イオンカードは基本的に年会費がかかりません。

    クレジットカードの中には初年度が無料で、2年目以降は年会費が必要というカードも多いですが、イオンカードは永年無料ですので、安心してカードを手元においておくことができます。

    またイオンカードはETCカードも年会費無料で申し込むことができるのもメリットです。

    審査に通りやすい

    審査に通りやすい点もイオンカードの魅力です。通常のクレジットカードよりも審査がゆるく、収入が少ない学生や主婦の方でも申請すれば、カードを発行してもらえる可能性が高いです。

    初めての1枚めとしても、イオンカードはおすすめすることができます。

    また家族カードと呼ばれるものもあり、生計を共にする配偶者・親・子供(18歳かつ高校生以上)であれば、3名まで無料で発行できます。家族カードはひとつの口座から一括引き落としで、ポイントも合算できるので公立的にポイントを貯めることができます。

    ︎専門家からワンポイントアドバイス!
       
    佐藤 喜三男

    ファイナンシャルプランナー/相続診断士/個人情報取扱主任者/証券外務員(第一種)/損害保険募集人

    大手証券会社、大手クレジットカード会社、新たな形態の銀行...

    クレジットカードの契約には審査があり、20歳未満の方は親の承諾が必要です。なお、審査は申込書に記載する内容と、個人信用情報機関に登録されている情報を基に実施され、誰でも無条件に契約できる訳ではありません。

    ポイントがたまりやすい

    イオンカードのポイントはときめきポイントと呼ばれています。

    イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍になります。

    ネットショップを利用する人なら、ときめきポイントTOWNを経由してからショッピングをすることで、ポイントが最大21倍になる場合があります。

    ネットショップの加盟店舗数は450以上あり、楽天市場やAmazon、Yahoo!などが参加しているため、使いやすいです。

    また、毎月10日はときめきポイントが2倍になる日ですので、日用品を買うときは毎月10日を狙って購入するのも良いでしょう。

    貯まったポイントは商品券や買い物するときに使用することができますので、貯めておいて損はありません。

    お客様感謝デーはお買い物代金が5%オフ

    イオンではお客様感謝デーというイベントがあり、イオンカードを用いて、お客様感謝デーに買い物をすると、買い物代金が5%オフになります。

    お客様感謝デーは、毎月20日と30日に設定されています。

    全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗で実施されています。

    カードを使うことで、料金が5%オフになるだけでなく、ポイントも一緒に貯まっていくのでとてもお得といえるでしょう。

    保証サービスがある

    イオンのカードには、ショッピングセーフティ保険、クレジットカード盗難補償が備わっており、万が一のときでも安心です。

    ショッピングセーフティ保険とは、イオンカードで購入したものを補償してくれる保険です。

    対象は1品5,000円以上のものが対象で、偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)で壊れても、購入日から180日以内に被害を受けた場合なら補償してくれる制度です。

    クレジットカード盗難補償では、万一、紛失・盗難が原因で、クレジットカードが不正に使われても、損害額が補償される制度です。

    こうした保証があるため、安心してイオンカードを使うことができます。

    特典が豊富

    旅行やレジャーでもイオンカードはお得に使えます。

    例えば、トラベルサポートというサービスがあります。

    このサービスは、旅行に行って困ったときに、イオンワールドデスクというところに連絡すると都市の情報やフライト情報など知りたい情報を教えてくれます。

    世界16ヶ国24ヶ所イオンワールドデスク拠点がありますので、拠点地に旅行に行ったときにはぜひ利用してみてください。

    さらに、別の特典として映画割引というものもあります。

    イオンシネマの映画であれば一般通常料金をイオンカードで支払うと、会員の人と同伴の人(大人1名まで)それぞれ300円値引きしてくれます。

    イオンカードのデメリット

    ここではイオンカードのデメリットについてご紹介します。

    • ポイント還元率が低い
    • クレジットカードと電子マネーで貯まるポイントが違う

    ポイント還元率が低い

    デメリットのひとつめがポイント還元率の低さです。

    イオンカードでは税込200円につき1ポイント貯まります。この時、ポイント還元率は0.5%と他社のカードと比べると低い傾向にあります。

    イオングループで買い物をする場合は毎日ポイント2倍になるため、ポイント還元率も1,0%になりますが、イオングループ以外で買い物をする場合、イオンカードはポイントが貯まりにくいので、使用はおすすめできません。

    イオンカードを使用するのはイオングループのお店だけにしておきましょう。

    クレジットカードと電子マネーで貯まるポイントが違う

    イオンカードには電子マネーのWAONが組み込まれていることが多く、お支払いもクレジットにするか、WAONにするか選択することができます。

    そのため、クレジットカードで支払うと、ときめきポイントが貯まりますが、電子マネーで支払うとWAONポイントが貯まるといったように、別々で会計をしているとポイントも別々で付与されていきますのでポイントが貯まりづらくなってしまいます。

    よって、どちらか一方の支払い方法に限定して支払った方がポイントが貯まりやすくなるといえるでしょう。

    イオンカードはイオングループでの買い物には便利だけど、それ以外の買い物は別のカードとかを使った方がいいかもね!

    公式サイトはこちら

    イオンカードの種類

    次に、イオンのカードの種類についてご紹介します。

    イオンカードには多くの種類がありますが、その中でも代表的なカードを2種類紹介します。

    イオンカードセレクト

    イオンカード セレクト

    イオンカードセレクトはクレジット・WAON・キャッシュの機能がひとつにまとまっているカードです。

    イオンカードセレクトではWAONのオートチャージができ、しかもチャージ200円毎に1WAONポイントがつくので、貯めるときと使う時でポイントをお得に貯めることができます。

    決算方法もクレジットカード払いか、WAON払いかを選択することができるため、状況に応じたお支払い方法ができます。

    決済方法クレジットカード払いWAON払い
    付与ポイントときめきポイントWAONポイント
    還元率200円で1ポイント(還元率0.5%)
    特典20日と30日5%オフ(イオングループのみ)
    5日、15日、25日常に2倍イオングループ:ポイント2倍
    10日イオングループ:ポイント5倍
    イオングループ以外:ポイント2倍
    イオングループ:
    ポイント5倍
    使い道
    WAONポイントや商品などと交換1ポイント1円としてお買い物に利用

    イオンゴールドカード

    イオンカード ゴールド

    イオンカードを利用しており、以下の条件を満たすとイオンゴールドカードを使用することができます。

    • 直近12ヶ月で100万円以上利用
    • 累計で500万円以上利用
    • 1年間で120回以上、かつ合計80万円以上利用
    • イオングループのみで年間で60万円以上利用

    上記の条件を達成すると、招待(インビテーション)がとどき、イオンゴールドカードを発行できます。

    イオンゴールドカードも年会費が無料であるのに関わらず、特典やサービスが通常よりもランクアップします。

    • イオンラウンジ(休憩室)が利用可能
    • 空港のラウンジが利用可能
    • 海外、国内旅行傷害保険(利用付帯)
    • ショッピングセーフティ保険が年間300万円まで

    公式サイトはこちら

    申し込みに関するよくある質問

    質問をするために手を挙げている人

    ここでは、イオンのカードを作るときによくある質問についてまとめてみました。

    イオンカードの作り方

    イオンカードの作り方を紹介します。

    申し込み方法

    イオンカードはインターネット、郵送、店頭でお申し込みが可能ですが、インターネットから申し込むのが一番のおすすめです。

    インターネットで申し込みをすることではじめに特典として数千円のポイントを獲得することができるからです。

    また家でゆっくりと作業もできるため、誤記入とかなく申請をすることができます。

    申し込みに必要なもの

    イオンカードの申し込みに必要なものは以下の通りです。

    • 本人名義の預金口座
    • 金融機関の届け印
    • 運転免許証やパスポート等の本人確認書類
    • 親権者の同意書(未成年者が申し込む場合)

    事前に手元に用意しておくことで、申し込みをスムーズに行うことができます。

    申し込み後

    申し込みをしたのち、入会審査を待って、届くのを待ちます。

    審査が無事に通過すれば、おおよそ申し込み後1〜2週間で届きます。

    選べる国際ブランドは?

    イオンカードは以下の3つの国際ブランドを選ぶことができます。

    • VISA
    • Master Card
    • JCB
    ︎専門家からワンポイントアドバイス!
    大西 真人

    ファイナンシャルプランナー/クレジットカードアドバイザー®

    赤坂ファイナンシャル株式会社 代表取締役一般社団法人 日本交...

    ①国際ブランドの選び方②クレジットカードを複数枚持つ場合は、ビザかマスターから一枚、アメックス、ダイナース、JCBから一枚選んでおくと良い。基本ビザマスターは使える店舗が同じ(特に日本国内)なので、例えば、ビザとマスターを二枚持ちしても二枚とも使えるお店は同じになる。

    ポイントはどんなものと交換できるの?

    イオンカードで貯まったポイントは以下のものに交換することができます。

    • WAONポイントに移行
    • 商品や商品券と交換
    • 異なるポイントやマイルに移行

    ただし、ときめきポイントの交換は1,000ポイントからしかできない点に注意してください。

    ポイント交換の方法

    ときめきポイントの交換方法を解説します。

    WAONポイントと変換する

    ときめきポイントをWAONポイントに変換するためにはインターネットのイオンスクエアメンバーに加入して「MyPage」から申し込むか、電話で手続きを行う必要があります。

    手続きをしたのち、全国のイオン店舗に設置してあるWAONステーションに行き、受け取りを行います。

    商品と交換する

    ときめきポイントを商品に交換する場合はMyPageか電話、郵送で交換することが可能です。詳細につきましては公式ページにてご確認ください。

    毎月の締め日と支払日はいつ?

    イオンカードのクレジットの支払いは毎月10日が締め日となっています。支払い日は、翌月2日です。

    支払い日が金融機関休業日の場合は、翌営業日が支払日となります。

    引き落としができなかったら場合どうしたらいい?

    2日に引落しができなかった場合は、平日のみ3日~5日に再度引落しがあります。
    3日~5日が土・日・祝日の場合は、再度引き落としがないので注意しましょう。

    まとめ

    イオンカードの口コミからメリットとデメリットについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

    イオングループをよく使う人は、どんどんポイントが貯まるお得なカードです。

    イオングループのお店で買い物をする人は、ぜひカード作成を検討してみてください。

    ▼おすすめ関連記事▼