クレジットカードでお得になれるカードを紹介!【2019年最新版】

最終更新日2019年2月19日

お得にクレジットカードを使いたい

「作るならお得なクレカが知りたい。」「今のクレジットカードよりお得のカードを知りたい。」

と考えているの方は多いのではないでしょうか。

お得なクレジットカードと言っても、お得感は人によっても変わってきてしまいます。

また、カードの種類は千差万別で、どのクレジットカードを選べば良いか迷ってしまいます。

そこで今回はおすすめのクレジットカードを人気別・目的別に分けてクレジットカードご紹介します。

  • 人気別のおすすめのクレジットカード
  • 目的別のおすすめのクレジットカード
  • 迷った時のお得なクレジットカードの選び方

作ってみたいなとおもったカードがあれば、ぜひこの機会に申し込みをしていただければ幸いです。

お得に使える人気別のクレジットカード

クレジットカードでショッピングをするカップル

この章では、以下の3つのクレジットカードの機能についてご紹介します。

3つのカードの違いを理解し、お得にカードを使えるようになりましょう。

  • メインカード(一般カード)
  • ゴールドカード
  • プラチナカード

メインカード(一般カード)

はじめに紹介するのは、メインカードです。

メインカードとは、ゴールドカードやプラチナカードの一番初期の段階のカードです。

メインカードを利用してみて、どの会社のカードをゴールドカードやプラチナカードにしたいかを検討することが一般的です。

しかし、どのカードを選べば良いのか迷いますよね。

そこで、ここではメイン使いする中で特におすすめの、以下3つのカードをご紹介します。

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • 三井住友VISAカード
楽天カード

楽天カード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:1%(100円につき1円分)
ポイント名:楽天スーパーポイント
発行スピード:申込みから約1週間

<特徴>

  • 楽天市場や楽天トラベルで買い物するとポイントが倍になる。
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円適用となる。
  • 楽天ポイント加盟店で楽天カードを提示するだけで100円につき1ポイント付与されることがある。

楽天カード(一般)を作成する最大のメリットは、ポイント還元率の高さです。

年会費無料というのは、他の会社でもありますが、ポイントの還元率があまりよくなかったり、付帯サービスが少なかったりします。

しかし、楽天カードなら、ポイント還元率は1%あるだけでなく、楽天市場などで買い物をする時、場合によってはポイントが最大15倍になることもあります。

公式サイトはこちら

エポスカード

エポスカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:0.5%~10%
ポイント名:エポスポイント
発行スピード:最短だと、マルイ店舗で即日受取

<特徴>

  • 海外キャッシングの返済をインターネットからもできる
  • 全国7,000店舗以上で優待・割引がある。
  • Apple Payに対応している

エポスカードを作るメリットは、全国にあるマルイ店舗でクレジットカードが即日発行できるところです。

また、マルイやモディで買い物をするのであれば、年に4回「マルコとマルオの7日間」という大セールでエポスカードを利用すれば、最大10%割引が可能です。

一方でデメリットもあります。デメリットは一般店舗でのポイント還元率が1%と低いところです。

普段使うお店でお得にポイントを貯めたいと思っている方にはやや使いづらいかもしれません。

公式サイトはこちら

三井住友ViSAカード

三井住友VISAクラシックカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):1,250円+税(条件により無料)
ポイント還元率:0.5%
ポイント名:ポイント
発行スピード:最短3営業日

<特徴>

  • 国内大手だから安心して利用できる。
  • 学生は在学中、年会費無料(初年度、翌年度以降も)
  • 上限が30万円と使い過ぎ防止ができる

三井住友Visaカードの一番の特徴は、「マイ・ペイすリボ」を利用するち、ショッピング1回の支払い分が自動的にリボ払いになる支払い方法です。

毎月の支払い金額は、最低支払金額以上であればインターネット・電話で簡単に増やしたり、減らしたりすることが可能なところです。

また、毎月の支払い方法も口座引き落としかコンビニ支払いかを選択できるのでとても自由度の高いカードといえるでしょう。

公式サイトはこちら

ゴールドカード

ここでは、一般カードよりグレードが高いと言われているはゴールドカードについてご説明します。今、ゴールドカードを持ちたい方におすすめのカードをご紹介しますので、ぜひ一度見てみてください。

  • 楽天ゴールドカード
  • イオンゴールドカード
  • dカード ゴールド
楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

年会費(初年度):2,000円+税
年会費(翌年度以降):2,000円+税
ポイント還元率:1.0%~10.0%
ポイント名:楽天スーパーポイント
発行スピード:最短約1週間

<特徴>

  • 楽天市場の利用で楽天スーパーポイントが5%付与される。
  • 国内主要空港、ホノルル空港、仁川空港のラウンジを年間2回まで無料で利用できる。
  • ETCカードの年会費が無料。

楽天ゴールドカードは、ゴールドカードというステイタスがあるにも関わらず年会費が低額なところがお財布に優しいです。

また、トラベルデスクというサービスがついており、旅行先で財布などを紛失した時の各種案内や、現地の情報提供、レストランやオプショナルツアーなどの予約や手配までしてくれます。

さらに、楽天市場の利用で楽天スーパーポイントが5%付与されますので、使えば使うほどどんどんお得になっていくカードといえるでしょう。

公式サイトはこちら

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード

初年度: 無料
翌年度:無料
還元率:0.5%~1.33%
ポイント名:WAONポイント
発行スピード:約3週間

<特徴>

  • 全国イオンラウンジを無料で利用できる。
  • 各種保険が無料で付与される。(海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピングセーフティ保険)
  • イオンカードで使える特典はそのまま利用できる。

イオンゴールドカードは年会費が永年無料という、とてもお得なカードです。

しかし、自分で申し込みをしてもらえるわけではありません。

イオングループから、ゴールドカードにしませんかというお誘いが来て、OKすると使えるカードになります。

イオン系列のお店で買い物することが多い人は、ぜひ持っておきたい1枚です。

公式サイトはこちら

dカードゴールド

dカード GOLD

初年度:10,000円+税
翌年度:10,000円+税
還元率:1%
ポイント名:dPOINT
発行スピード:数日~2週間程度

<特徴>

  • 毎日の買い物で、クレジットカードでもiDでも100円(税込)につき1ポイントたまる。
  • 街のお店(dポイント加盟店)なら、dカードの提示でさらにポイントがたまる。
  • 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金の10%ポイント還元

スマホやインターネットをドコモで契約している方は、ぜひdカードのGOLDを利用してみましょう。

料金が最大10%割引になりますのでとてもお得です。

さらに、dポイント加盟店なら提示するだけでポイントを付与してくれますので、自分のよく使うお店が加盟店かどうか調べてみると良いでしょう。

また、国内旅行ラウンジを無料で使うことができるメリットもありますので、国内旅行が多い方にもおすすめです。

公式サイトはこちら

プラチナカード

ゴールドカードのさらにハイクラスのカードで、プラチナカードというものがあります。

ここでは、サービスも特典もお得なプラチナカードを持ちたいかたにおすすめのカードを紹介いたします。

  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
  • ラグジュアリーカード (チタン)
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

初年度: 31,000円+税、家族カードは15,000円+税
翌年度:31,000円+税、家族カードは15,000円+税
還元率:3%
ポイント名:ポイント
発行スピード:約1週間

<特徴>

  • 世界のハイクラスホテルの特典が多い。
  • ポイント還元率が高い。
  • 貯まったポイントをマイルなどに移行できる。

スターウッド プリファードゲスト アメリカンエキスプレスカードの良さは、なんといっても還元率の高さです。

還元率3%ということ100円の商品に対して3ポイント付与されることになります。

さらに、このカードを所有するだけで、以下3つのホテルのゴールド会員資格を得ることができます。

  • SPG
  • マリオット
  • リッツカールトン

また、貯まったポイントをマイルに交換することも可能ですので、旅行することが多い方はぜひ持っておきたい1枚です。

公式サイトはこちら

ラジグジュアリーカード (チタン)

ラグジュアリーカード

初年度:50,000円+税
翌年度:50,000円+税
還元率:年100万円以上利用で2,000円ごとに3Pt(還元率0.75%)
ポイント名:ポイント
発行スピード:約3週間

<特徴>

  • 表面にブラッシュド加工ステンレスを使用し、裏面にカーボン素材を採用したユニークなカード。
  • 日本初のMastercard最上位ランク「World Elite Mastercard」である。
  • 国内だとポイントが最大1.5倍、海外だと最大2倍になる。

ラグジュアリーカードは、アメリカの富裕層に向けられたステイタスカードです。

カードの素材にこだわっており、使用特典も豪華です。

例えば、グローバル・コンシェルジュサービスといって、国内・海外のネットワークと知識を兼ね備えたコンサルタントが、24時間年中無休で、様々な要望に応えてくれるサービスなdpがあります。

さらに、旅行で貯まったポイントはJALやANAのマイルへ交換可能ですし、登録費・交換手数料は一切不要となっています。

公式サイトはこちら

目的別のお得なクレジットカード

3枚重なっているクレジットカード

ポイント還元率

クレジットカードを使うなら、ポイントをお得に貯めたいと思う方も少なくないでしょう。

そこで、ここでは、ポイント還元率が良いカードを紹介しますので、ぜひ自分の生活環境に合ったカードを選んでください。

  • 楽天カード
  • Yahoo!JAPANカード
  • オリコカード ザ ポイント(OricoCard)
楽天カード

楽天カード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:1%
ポイント名:楽天スーパーポイント
発行スピード:申込みから約1週間

<特徴>

  • 還元率は常に1%以上ある。
  • 楽天スーパーポイント加盟店だと、提示するだけでポイントがもらえるお店もある。
  • 1ポイントが1円として使えるのでとてもお得に買い物ができる。

楽天ポイントカードは、楽天市場や楽天トラベルで商品を購入すると通常ポイントの2倍~最大5倍まで付与されます。

楽天スーパーポイントは、100円で1ポイント以上つくので、とても早くポイントが貯まります。

貯まったポイントは、楽天市場だけでなく、加盟店でも1ポイント=1円として使用できるところが多いのも利便性に優れていると言えます。

さらに、入会するだけでポイントがもらえるので、作っておいて損はありません。

自分の良く行くお店が、楽天加盟店であれば、楽天カード1枚あればどんどんポイントが貯まっていくことでしょう。

公式サイトはこちら

Yahoo!JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:1%
ポイント名:Tポイント
発行スピード:1週間~10日間

<特徴>

  • 年会費が永年無料。
  • Tポイントがとても貯まりやすい。
  • 一部の加盟店なら、カードを提示するだけでポイントがもらえる。

Yahoo!カードは、年会費が永年無料なところが魅力的です。

Yahoo!ショッピングを利用するだけで、還元率が3%になります。

さらに、Tモールを経由することで益々お得にTポイントを貯めることができます。

公式サイトはこちら

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:1%
ポイント名:オリコポイント
発行スピード:最短8営業日

<特徴>

  • 年会費は永年無料。
  • 還元率はいつも1%以上。
  • 500オリコポイントから利用可能なので便利。

オリコカードは、常に1%以上の還元率です。

それだけでもお得なのに、さらにオリコモールを経由して買い物をするだけで、獲得ポイントにプラスして0.5%分のオリコポイントをもらうことができます。

貯まったポイントは、TポイントやWAONポイント、マイルなどに変換できるところも利便性に優れているといえます。

公式サイトはこちら

年間費無料

あまりクレジットカードを使う予定はないから、できるだけ年会費を払わないでおきたいという方には、年間費無料のカードがおすすめです。

そこで、ここでは年会費無料のカードをご紹介します。自分の利用頻度などに合わせてカードを作っていきましょう。

  • オリコカード ザ ポイント (OricoCard)
  • P-oneカード (Standard)
  • 楽天カード
オリコカード ザ ポイント (OricoCard)

Orico Card THE POINT

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:1%
ポイント名:オリコポイント
発行スピード:最短8営業日

<特徴>

  • 年会費は永年無料。
  • 入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
  • iDやQUICPay搭載カード。

ポイントが貯まりやすく、年会費も支払わなくて良いのがオリコカードの特徴です。

また、オリコのクレジットカードはiDやQUICPayが搭載されているので、コンビニやスーパーにある専用端末にかざすだけで、支払いが可能です。

クレジットカードを頻繁に使わないから、年会費を支払わないところが良いという方は、ぜひ1枚作ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

P-oneカード (Standard)

P-oneカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:1%割引
ポイント名:ポケットポイント
発行スピード:Webでの申し込みだと2週間前後、郵送での申し込みだと1ヶ月前後

<特徴>

  • 年会費が永年無料。
  • 自動で1%割引してくれる。
  • 貯まったポイントはお買い物券などに交換できる。

P-oneカードという名前を聞いたことがないという方も多いのではないでしょうか。

P-oneカードは知名度こそ低いものの、ファミリーマートやTSUTAYAなどと提携カードをあわせると数百万人の会員がいるカードなのです。

P-oneカードの最大の特徴は、他社のカードと違い1%を自動で割引してくれるというものです。

例えば、1000円のものを買ったら、多くの会社は10ポイント付与するところを、P-oneカードは10円自動的に割り引いて決済してくれます。

クレジットカードをそんなに使わないけど、旅行などの時に使うという方は、P-oneカードを作るとお得に楽しめるのでおすすめです。

公式サイトはこちら

楽天カード

楽天カード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:1%
ポイント名:楽天スーパーポイント
発行スピード:申込みから約1週間

<特徴>

  • 年会費は永年無料。
  • 楽天市場や楽天トラベルユーザーはお得にポイントを貯められる。
  • 入会するだけでポイントがもらえる。。

楽天カードは、年会費無料で、ポイントも貯めやすいのでクレジットカードを持っていない人にはとてもおすすめです。

特に、楽天市場や楽天Book、楽天トラベルなどを年間通して使っている人は、クレジット決済を行うだけでお得にポイントが貯められます。

さらに、旅行の保険も無料でついていますので安心して利用することが出来ます。

公式サイトはこちら

法人カード・ビジネスカード

次にご紹介するのは、法人カード・ビジネスカードです。

仕事でクレジットカードの使用を検討している方は、以下の2つがおすすめです。

  • アリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

年会費(初年度):31,000円+税
年会費(翌年度以降):31,000円+税
ポイント還元率:0.33%~0.50%
ポイント名:ポイント
発行スピード:1週間~10日

<特徴>

  • 入会初年度に200万円以上利用すると、30,000ポイントプレゼントされる。
  • 設立したてでも取得できる可能性が高い。
  • 帝国ホテルの会員専用ラウンジが利用できる。

アリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、持っているだけでステータスを感じられるカードと言えるでしょう。

会社員でアリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを所持している人はまずいません。

弁護士や医者、代議士などの上流階級の人が持っていることが多いのです。

上流階級の人しか持てないカードなら、審査も厳しそうに思うかもしれませんが、実は設立間もない法人や個人事業主でも審査を通過する可能性が高いのです。

個人事業主や法人でクレジットカードを作りたいという方は、ぜひアリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを作ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費(初年度):20,000円+税
年会費(翌年度以降):20,000円+税
ポイント還元率:0.50%~1.0%
ポイント名:セゾン永久不滅ポイント
発行スピード:最短3営業日発行

<特徴>

  • セゾン永久不滅ポイントは、有効期限がない。
  • ビジネスサービスを優待価格で受けられる。
  • 登記簿や決算書がいらない。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのの特徴の1つ目は、ポイントに有効期限がないことです。

無期限で必要な時に必要な分、ポイントが使えるので焦って消費しなくても良いのです。

2つ目は、コンシェルジュや多くの空港ラウンジの無料利用ができるだけでなく、ビジネスサービスを優待価格で利用できることも事業主にとっては嬉しいサービスです。

クラウドの会計ソフト「Free」や、顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」などが優待価格で受けられます。

最後は、面倒な登記簿や決算書の提出が不要ですので、すぐに申請できるところもとても魅力的です。

1年未満の個人事業主や法人などでも申し込みはできますので、ぜひやってみてください。

公式サイトはこちら

マイルを貯める方にお得なカード

旅行が多いという方は、マイルがお得に貯まるクレジットカードが欲しいと思っていますよね。

そこで、ここではマイルを貯めるのにお得なカードを紹介しますので、ぜひ見ていってください。

  • ANAカード
  • JALカード
ANAカード

ANAカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):2,160円(家族会員1,080円)
ポイント還元率:0.5%~1.0%
ポイント名:ポイント
発行スピード:1週間~10日

<特徴>

  • フライトでANAの飛行機やスターアライアンスに加盟している会社などに乗るとボーナスマイルが加算される。
  • 「ANAカードマイルプラス」加盟店で利用すると100円で1ポイント付与される。
  • 貯まったマイルは特典航空券、アップグレード特典、電子マネーなどに交換できる。

マイルをお得に貯めたいなら、まずはANAカード作成を検討しましょう。

ANAカードは旅行に行くときだけマイルがつくのではなく、ANAカードマイルプラスに加盟しているお店で利用して、ポイントを貯めることができます。

貯まったポイントをマイルに交換できますので、コツコツとマイルを貯められます。

貯まったマイルは、他のポイントへも換金することができ、無駄なく利用することができます。

旅行することが多く、ANAを利用することが多い方は、クレジットカード作成を検討してみると良いでしょう。

公式サイトはこちら

JALカード

JALカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):2,160円(JAL・アメリカン・エキスプレスカードは6,480円)
ポイント還元率:0.5%
ポイント名:マイル
発行スピード:約2週間~3週間

<特徴>

  • フライトでボーナスマイルを貯めることができる。
  • ショッピングでお得にマイルを貯めることができる。
  • JALのパッケージツアーがお得に利用できる。

JALカードは、ショッピングやフライトでカード決済するだけで、どんどんマイルが貯まっていきますので、ポイントをマイルに交換するという手間をかけることが苦手な人には良いカードといえます。

また、入会して初搭乗したら最大5,000マイル、毎年初回搭乗ボーナスとして2,000マイル、搭乗ごとのボーナスとしてフライトマイル最大25%加算されます。

その他にも、ショッピングで通常利用すると0.5%マイルが付与されますので、普段の買い物で利用するだけでもマイルが貯まっていきます。

普段から旅行することが多い方や、ショッピングでマイルをコツコツ貯めたいと思っている方におすすめです。

公式サイトはこちら

学生でもお得に使えるカード

次にご紹介するのは、学生でもお得に使えるカードです。

学生だからこそ、クレジットカードを使ってお得に生活し、日々の家計の足しにできると生活も楽になります。

ぜひ以下でご紹介するカードの特徴などを知り、お得に学校ライフを過ごせるようにしましょう。

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • セディナカードJiyu!da!
三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):前年1回以上の利用で翌年度会費無料(通常 1,250円+税)
ポイント還元率:0.2%~0.5%
ポイント名:ポイント
発行スピード:最短3営業日発行

<特徴>

  • 初年度の会費無料だけでなく、翌年度以降も前年度1回以上の利用で年会費無料。
  • デビュープラス限定で、入会後3ヶ月間はポイント5倍。
  • 電子マネー対応なので少額の支払いも楽にできる。

学生がクレジットカードを持つことができるのはとても貴重です。

特に一人暮らしを始めた学生は、支払いをクレジットカードにするだけでポイントがどんどん貯まりやすくなるのでおすすめです。

三井住友VISAデビューカードプラスは、カードショッピング利用枠及び総利用枠が10万円~30万円であり、キャッシング利用枠が0円~5万円と低額設定されているため、使い過ぎを予防できます。

また、電子マネー(iD、ApplePay、WAON、PiTaPa)にも対応しているのでコンビニなどの専門機械にかざすだけで支払いを行うことも可能です。

快適な学生ライフを送りたいと思っている方へおすすめのカードとなっています。

公式サイトはこちら

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:0.5%~1.5%
ポイント名:わくわくポイント
発行スピード:最短1週間

<特徴>

  • 年会費が永年無料。
  • 毎月の支払額と支払い方法を選択できる。
  • お得にポイントを貯められる可能性が高い。

セディナカードJiyu!da!は、学生には嬉しい年会費が永年無料です。

また、支払い方法は翌月1回払いだけでなく、いつでも好きなときに、好きな金額を「よゆう払い」で支払うことが可能です。

さらに、セディナカードJiyu!da!はセブンイレブンやイオン、ダイエーなどで利用するとポイントが3倍付与されます。

学生にとって利用できる店舗が多ければ多い程、お得に使えますので、上記店舗のユーザーの方はぜひカードを作成することを検討してみてください。

公式サイトはこちら

私生活から使いたい方にお得なカード

※私生活からカードを使いたい方にお得なカードを紹介する旨を記載してください。

  • ビックカメラSuicaカード
  • イオンカードセレクト
  • dカード
ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):翌年度1回の利用で無料(通常 477円+税)
ポイント還元率:0.5%~1.0%
ポイント名:ビッグポイント
発行スピード:約2週間

<特徴>

  • 普段の買い物でも1.0%還元される。
  • Suicaにクレジットチャージすると、JRE POINTが1.5%付与される。
  • ビッグカメラの買い物でチャージしたSuicaで支払うと、10%のビッグポイントを付与される。

電車通勤・通学をしている方は、ぜひ作成を検討したいのが、ビッグカメラSuicaカードです。クレジットカードとSuicaがセットとなったもので、チャージが簡単にできます。

また、ビッグカメラやコジマなどの家電製品店で利用できる他に、JRE POINT加盟店でもポイントが貯まるります。よって、駅中や駅近のお店を多く利用する人は、どんどんポイントを増やすことができると言えます。

貯まったJRE POINTはSuicaにチャージできたり、商品券などに交換できたりするので、ポイント交換の自由度が高いといえます。

さらに、JRE POINTの他に、ビッグポイントも付与されますので、どんどんポイントを貯めることができお得に買い物をすることができると言えます。

公式サイトはこちら

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:0.5%~1.0%
ポイント名:ときめきポイント
発行スピード:約3週間

<特徴>

  • 年会費は永年無料。
  • 所定の条件を満たした人は、無料でゴールドカードを発行できる。
  • ときめきポイントやWAONポイントをどんどん貯めることができる。

イオンカードセレクトは、イオングループ対象店舗で利用すると、常にときめきポイントが2倍となります。(ときめきポイントはWAONポイントに交換することができます。)

さらに、条件を満たした人のみですが、無料でゴールドカードを発行できるようになります。

ゴールドカードの条件を満たしている人には、イオングループから連絡が来て発行するか否かの確認があります。

よって、イオングループのポイントをお得に貯めたい人は、始めにイオンカードセレクトを作成し、ゴールドカードになるまで使い続けることで、よりお得にポイントを獲得することができます。

公式サイトはこちら

dカード

dカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):翌年1回の利用があれば無料。(通常 1,250円+税)
ポイント還元率:1.0%
ポイント名:dポイント
発行スピード:最短5日

<特徴>

  • ローソンで最大5%お得になる。
  • 普通の買い物で1.0%のポイントが貯まる。
  • 初年度年会費は無料。2年目以降も前年に1回でも利用があれば、年会費は無料になる。

ドコモユーザーの方や、ローソンを頻繁に使う方は持っておきたいクレジットカードの1つです。

上記に挙げたとおり、ローソンで対象商品を購入する時dカード決済を行うと3%オフになり、さらにdカード決済で1%ポイント還元および、dカード提示で1%還元となっています。

また、ドコモ光やケータイを利用している方は、1,000円につき10ポイント付与されますので、こちらもお得にポイントが貯めることができます。

公式サイトはこち

2枚目に欲しいカード

クレジットカードは1枚あれば十分と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、2枚持っておいた方が良いこともあります。

そこで、ここではもしもの時のために持っていた方が良いカードについてご紹介します。

ライフカード

ライフカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:0.5%
ポイント名:LIFEサンクスポイント
発行スピード:最短3営業日

<特徴>

  • 誕生日月だけポイントが3倍になる。
  • 初年度ポイント1.5倍。
  • 年会費永年無料。

ライフカードは、発行してからずっと年会費永年無料ですので安心して所持することができます。

また、誕生月はポイントが3倍になるというサービスを実施しており、自分でプレゼントを用意するときなどはお得に買い物をすることができます。

さらに、ポイントの有効期限は最大5年ですので、ポイントを急いで消費しようとしなくても良いところが魅力的です。

公式サイトはこち

迷った時のお得なクレジットカードの選び方

クレジットカードについて調べている人

たくさんのクレジットカードをご紹介してきましたが、実際どのようなカードを作れば良いかわかりませんよね。

そこで、クレジットカードを選ぶ時に迷った際は、以下の点を確認してみるようにしましょう。

  • 年間費が無料(安い)
  • ポイントやサービスの充実
  • 発行会社が安心

年間費が無料(安い)

クレジットカードを選ぶ時に、必ず確認して欲しいのは年会費です。年会費が無料であれば、気兼ねなくクレジットカードを利用できます。

年会費が無料ではなくても安い額であれば、経済的負担も少なくなりますので、年間費でなるべく費用のかからないカードを選ぶようにしましょう。

ポイントやサービスの充実

クレジットカードを選ぶ際は、やはりポイントやサービスが充実しているものかどうか確認しましょう。

ポイントやサービスが充実しているかどうかを調べるのは簡単で、クレジットカード会社のホームページを見れば良いのです。

ホームページには、クレジットカードを作った際の特典や、ポイント還元率について記載されています。ポイント還元率とは、利用した金額に基づいてもらえるポイントの割合のことを言います。例えば、以下のようなポイント還元率があります。

  • 還元率1%:100円に対して1円分のポイント
  • 還元率0.5%:1,000円に対して5円分のポイント

還元率1%と0.5%だとポイントで大きな差がありますので、ポイント還元率が高いところを選ぶようにしましょう。

よく使うお店やサービスの特典がある

よく使うお店などのサービス特典があると、ポイントが貯まりやすくなる上に、利便性も上がるのでおすすめです。

よって、自分がよく使う店がクレジットカードに対応しているのか、どのクレジットカード会社だとポイントが貯まりやすいのかを調べておきましょう。

発行会社が安心

クレジットカード会社を選ぶ際は、セキュリティ面も考慮しましょう。大手はセキュリティ面での安全を重視、万が一の時のサポート体制が充実しています。よって、クレジットカード作りに不安がある方は、大手を選ぶ方が良いでしょう。

クレジットカードに関する質問集

財布とクレジットカード

ここではクレジットカードを作る際んひよくある質問をまとめてみました。クレジットカード発行までの期間や、ブランドの選択等、基本的な情報が揃っていますのでカードを作る前に一度確認しておきましょう。

どれくらいでカードは作れるの?

基本的に申し込み完了から2週間程で作ることが可能です。

ただし、即日発行するところもありますので、作りたいクレジットカード会社の発行期間は調べておくと良いでしょう。

VISA・JCBなどのブランドはどこを選べばいいの?

ブランドが選べるカードで迷った際はVISAかMasterCardを選ぶようにしましょう。
理由としては、加盟店がもっとも多く、国内はもちろん海外での対応もできるため利便性が高いからです。

さらにVISAとMasterCardどちらを選んだら良いか迷っている方は、企業規模の大きいVISAカードを選択するのが良いでしょう。

JCBカードは国際ブランド的には少し弱いですが、日本国内で利用するのならとてもお得に利用できます。

ディズニーリゾートや、スポーツ観戦、ミュージカルなどを利用するときに特典がついてきます。

複数枚作れるの?

クレジットカードは複数枚作ることは可能です。

主にメインカードとサブカードとして2枚作る人が多いです

メインカードで付帯しているサービスが充実しているものを選んだのであれば、サブカードでは特典やポイント還元率が高いものを作っておくことが良いでしょう。

まとめ

クレジットカードでお得になれるカードをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

カードには様々な特典がありますので、ぜひ自分の生活に合うカードを作成してみましょう。

そして、ポイントや特典を有効活用して、お得に生活ができるようになりましょう。