乗り捨てできるカーシェアはタイムズカーだけ?他のカーシェアも調査!

更新日:

カーシェアは乗り捨てができない?

カーシェアは乗り捨てができるのでしょうか?

まずは、カーシェアがそもそもどういったサービスなのか、乗り捨てとはどのような行為のことなのかを説明していきます。

【タイムズカーの乗り捨てできる区間について見る】

そもそもカーシェアとは?

最近話題のカーシェアはどんなサービスか知っていますか?

カーシェアとは、カーシェアのサービス業者が駐車場で管理している車を会員間でシェアするサービスです。

自由で便利な新しい移動手段として普及してきています。

24時間365日好きな時に、好きなだけ車を借りることができます。

レンタカーと違って面倒な手続きも必要がなく、安い料金で車を借りることができます。

短時間(10分~15分)からの利用ができる点もレンタカーとは異なる点です。

ガソリン代や、保険料が利用金に含まれているので、別途で代金が一切発生しないことが特徴的です。

今回は、そのカーシェアで乗り捨てができるのかどうかについてみていきます。

乗り捨てってどういう意味?

乗り捨てとはそもそもどういった行為のことを指すのでしょうか?車を乗り捨てるといっても、道に乗り捨てることなんてできません。

乗り捨てとは、「出発ステーション以外のステーションに車を返却する」行為のことを指します。

レンタカーを利用したことのある方は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

カーシェアは、カーシェア会社ごとに用意されているステーションから車を借りるサービスなのですがこの乗り捨てという行為は可能なのでしょうか?

基本的にカーシェアは乗り捨てができない

カーシェアでは基本的に乗り捨てを行うことができません。借りたステーションで返さなければいけません。

レンタカーでは乗り捨てが可能な会社がほとんどですが、カーシェアではできません。

では、なぜ乗り捨てができないのでしょうか?

カーシェアが乗り捨てできない理由とは?

カーシェア

海外のカーシェアリングサービスでは乗り捨てができる所もあるのですが、日本のカーシェアでは基本的に乗り捨てができません。

レンタカーと比べてもカーシェアの方が、車をレンタルすることのできるステーションの数がはるかに多いのにも関わらず、乗り捨てができない理由は主にふたつあります。

理由①駐車場の確保が難しい

カーシェアで乗り捨てができない理由のひとつとして、駐車場の確保が難しいことが挙げられます。

乗り捨てを行うということは、移動先にも専用の駐車場を用意しておくことが必要だということです。

カーシェアでは基本的に「必ず借りたステーションに返す」必要があります。

カーシェアサービスは10~15分単位で利用できます。

乗り捨てが可能だと、気軽にサービスを利用できるぶん、決まった時間に車が戻ってこないせいで次の利用者が利用ができない場合や、多くの人々が利用する場所に乗り捨てが集中してしまうなど不安点がでてきてしまいます。

また、駐車場を用意できたとしても、使われなければ意味がありません。

大手カーシェアサービス会社のタイムズカーシェアによると、「利便性を考えると乗り捨てを可能にするには、車両数の数の1.5~3倍の数の駐車場が必要」とのことなので、乗り捨てが可能となるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

ご理解いただけたでしょうか?乗り捨てというサービスは利用者にとっては便利な反面、カーシェア会社にとっては大きなデメリットになり得るのです。

乗り捨てができない理由はもうひとつあります。

理由②車の移動コストの問題

乗り捨てができないふたつ目の理由は、車の移動コストの問題です。

もし乗り捨てが可能だとして、乗り捨てした後の車はそのまま駐車場に駐車しておいたままいいのでしょうか?

答えはダメです。

乗り捨てした後の車を元のステーションに戻さないと、ステーションにある車の数が偏ってしまいます。

それを移動するのにも、人件費やガソリン代がかかってきます。

以上のふたつが、カーシェアで乗り捨てができない理由です。

ただし大手カーシェア会社のタイムズカーシェアでは例外的に乗り捨てができる区間があります。

乗り捨てができるカーシェアリングも?

カーシェア

先ほど乗り捨ては”基本的に”できないと説明をしてきました。

ただし例外的にカーシェアリングサービス大手のタイムズカーシェアなら一部区間で乗り捨てが可能となっています。

タイムズカーシェアなら一部区間で乗り捨てができる

タイムズカーシェアでは以下の区間で乗り捨てが可能です。

  • 大阪国際空港ステーションからタイムズカーレンタル関西空港店
  • 関西国際空港ステーションからタイムズカーレンタル大阪空港北店

関西国際空港(関西空港)〜大阪国際空港(伊丹空港)のふたつの空港限定で、乗り捨てが可能です。

乗り捨てサービスを利用すると、タクシーと比べて約14,000円*ほど料金がお得です。ただし、乗り捨て可能な車両数には1ステーションあたり1日3台の制限があり、通常の利用料金とは別に、乗り捨て料金として関西国際空港に乗り捨てする場合は3,240円(税込)、大阪国際空港の場合は4,160円(税込)がかかります。

乗り捨て可能な時間は予約時に設定するのですが、9時~17時と限定されており、返却もフライト予定時間の90分前にはする必要があります。

旅行や出張などで空港乗り継ぎを利用される予定のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

空港までの乗り継ぎまでに寄り道をしたい人や、タクシー料金を抑えたい人におすすめです。

ご利用の方はこちらからどうぞ。

*ベーシッククラス90分と乗り捨て料金の合計費用5,396円と同じ距離を走った際のタクシー料金を比較

Times Car PLUS × Ha:mo

タイムズカーシェアが実証実験をしているサービス「Times Car PLUS × Ha:mo」でも乗り捨ては可能です。

都内の数十箇所のみで利用できるサービスで、一人用電気車両をシェアすることができます。

タイムズカーシェアの会員は専用のアプリを使用することができるので、別途入会する必要はありません。

利用料金は206円/15分なので、タイムズカーシェアと同じです。

詳細を見る

カーシェアにはメリットもある!?

カーシェアは、一部区間を除いて乗り捨てが出来ないということはご理解いただけたかと思います。

マイナスのイメージを持たれた方も多いと思うのですが、カーシェアリングのサービスは非常に魅力的な部分もあります。

カーシェアのメリットとは?

カーシェアには大きく3つのメリットがあります。

24時間いつでも利用できる

ひとつ目のメリットは24時間いつでも利用ができるということです。

カーシェアは、無人のカーステーションに駐車されている車をネットで予約してレンタルします。

車を借りるサービスとしてカーシェアより有名なレンタカーですが、レンタカーは各地に営業所があり、その営業所に出向いて車をレンタルします。

ですので、営業所が営業時間外の時間帯は車を借りることも返すこともできません。

それに対して、カーシェアは無人のカーステーションに駐車されている車をレンタルするので、営業時間など関係なく、24時間いつでも好きな時に利用できます。

短時間でも利用できる

ふたつ目のメリットは、短時間でも利用できるというところです。

カーシェアは会社によりますが、最短で10~15分単位で利用することができます。

レンタカーの場合、最短でも6時間からのレンタルが多いです。

ちょっとそこまで買い物に行くのに6時間も必要ないことがほとんどだと思います。

ただし、カーシェアは予約の際に返却時間を決めてからレンタルをするので、15分だけと思ってカーシェアを利用したら、20分かかってしまったこともありえますので注意が必要です。

車の維持費がかからない

最後のメリットは車の維持費がかからないことです。

維持費というのは、保険料、ガソリン、自動車税、駐車場代、車検代など、沢山あります。

マイカーを所持していると、車本体に数百万円というお金がかかるだけでなく、今挙げた維持費がかかってきます。

ですがカーシェアだと、全て無料です。

以上がカーシェアのメリットになります。

乗り捨ては出来ませんが、レンタカーやマイカーに比べて魅力的な部分が沢山あると感じていただけたでしょう。

最後に、カーシェアとレンタカー、マイカーの特徴を比較したものを載せておくので参考にしてください。

▼カーシェアとレンタカーの特徴比較▼

カーシェアレンタカー
月額基本料金0円〜1,030円なし
貸し出し・返却時間24時間可能営業時間内のみ
貸し出し・予約ネット予約ネット・電話・店舗予約
保険料0円1,000円程度
ガソリン代0円満タンにして車を返却
カーナビ、ETC車種により車種により
車種選びにくい選びやすい
タバコ×
乗り捨て×会社による

▼カーシェアとマイカーの特徴比較▼

カーシェアマイカー
本体0円約300万円
タバコできないできる
私物置けない置ける
ペット乗せれない乗せられる

乗り捨てができるカーシェアまとめ

日本のカーシェアサービスでは基本的に乗り捨てはできません。

乗り捨ての専用駐車場の確保、乗り捨て後の車の移動コストが問題だからです。

ただしカーシェアサービス大手のタイムズカープラスなら、関西空港・伊丹空港の一部区間限定で乗り捨てが可能となっております。

今後、日本でカーシェアで乗り捨てが可能となるサービスが広まる可能性はあります。

今は借りたステーションへ返さなければいけないという前提のもとで計画的にカーシェアを使ってみてはいかがでしょうか。

執筆:節約ライフ編集部

節約ライフ編集部では、タイムズカーシェア、オリックスカーシェア、カレコ、dカーシェア、Anycaのサービスを実際に利用しました。これらの経験から正しい知識を皆さんにお届けします!

<関連記事>