CATEGORY

携帯料金

スマホ・携帯料金が格安になるおすすめの節約方法4つを紹介!

月々の携帯料金が10,000円なんて高すぎて、もっと安くしたいわ・・・。おすすめの節約方法はないのかしら。
そのような悩みに応えて、今回は4つの携帯料金節約方法を紹介するよ。少しでも月々のスマホ料金を節約したいと考えている人は、実践してみよう!
毎月の携帯料金が高いと感じたことはありませんか。
月々のスマホ・携帯料金平均額は10,508円(平成30年)であると総務省統計局の調査により明らかになりました。
年間を通しておよそ10万円の出費です。生活に必要なものとはいえ、毎月支払わなければいけないスマホ料金は、積み重なるとかなりの金額です。
できることなら安く済ませたいと思う方も多いはず。
今回は、以下のような「携帯料金を安くしたい!」と悩んでいる方に向けて、おすすめの節約方法を4つ紹介します。

    • 月々の携帯料金を支払うことが苦しいが、スマホがないと不便な人
    • 携帯料金を節約したいけど何をしたらいいわわからない人
    • プランが複雑で、損をしているのか得をしているのかよくわかっていない人
    • 格安スマホに興味があるけど、よく知らない人

誰でも簡単に携帯料金を安く、節約できるのでぜひ参考にしてみてください。

携帯料金を節約する方法は?

スマホ 格安
それでは早速、携帯料金を節約する4つの方法を紹介します。
まず結論からお伝えすると、4つの節約方法は以下のとおりです。

内容難易度節約効果
①オプションを解約する1500円~1,000円/月
②契約プランを見直す21,000円~1,500円/月
③自宅の光回線を見直す31,000円~1,500円/月
④格安スマホに乗り換える23,000円~/月

項目ごとに詳しくお伝えしていきます。

それぞれの難易度があるので、簡単な節約方法から実践していこう!

節約方法①オプションを解約しよう

オプション 解約

月々の携帯料金を節約する一番簡単な方法は、「利用していないオプションを解約する」ことです。

携帯契約時につけたオプションのまま見直していないという人も多いのではないでしょうか。

ひとつのオプションは数百円ですが、複数個つけているケースが多いので1,000円/月ほどになることもあります。

オプションを見直すだけで年間約10,000円もの携帯料金を節約することができます。

各スマホキャリアの代表的な有料オプションと解約方法を順にお伝えするので、「全く使っていないのにつけているオプションはないか?」という観点でチェックし、あればこの記事を読みながら解約していきましょう。

>>auのスマホを契約している人はこちら
>>ソフトバンクのスマホを契約している人はこちら
>>ドコモのスマホを契約している人はこちら

auのスマホを契約している人

まずはじめに、auの代表的なオプションです。

オプション名内容料金
故障紛失サポート故障・紛失・盗難などのトラブルの際にサポートを受けることができる380円~630円/月(契約プランにより異なる)
電話きほんパックお留守番サービス・EX・待ちうた・三者通話サービス・迷惑電話撃退サービスがセットになったオプション300円/月
AppleCare+iPhone向けの紛失・盗難などの保険サービス707円~1,190円/月(機種により異なる)
エンタメコンテンツ系ビデオパス・ブックパスなど500円~600円/月(コンテンツにより異なる)

参考サイト:au公式サイト サービス一覧/エンタメコンテンツ一覧

オンラインの会員ページであるMy auからオプションの解約をすることができます。

手順は以下のとおりです。

[su_spoiler title=”オプションの解約方法”]
  1. My auにログインする
  2. 「契約の確認・変更」の「契約内容を確認/変更する」をタップする
  3. 「ご契約情報」をタップする
  4. 契約内容が表示され、オプションの右側に「変更」と出る
[/su_spoiler]また、電話でのオプション解約も可能です。

  • auの携帯からの場合「157
  • au以外の携帯からの場合「9977-7-111

どちらの電話番号も営業時間は9:00-20:00です。

ソフトバンクのスマホを契約している人

次に、ソフトバンクの代表的なオプションです。

オプション名内容料金
あんしん保障パック iPhone向けの紛失・盗難などの保険サービス650円~1,160円
Netflix(ネットフリックス)映画やドラマ見放題サービス800円~1,800/月(プランにより異なる)
Yahoo!プレミアムYahoo!プレミアムの全特典が使い放題500円/月
とく放題(M)日用品・レジャーなどが割引額で利用できるサービス590円/月

参考サイト:ソフトバンク公式サイト サービス一覧
オンラインの会員ページであるMy SoftBankからオプションの解約をすることができます。
手順は以下のとおりです。
[su_spoiler title=”オプションの解約方法”]

  1. My SoftBankにログインする
  2. 「契約確認」タップする
  3. オプションサービスの「変更」をタップする
  4. オプション一覧の隣に出る「変更」をタップする
[/su_spoiler]また、電話でのオプション解約も可能です。

  • ソフトバンクの携帯からの場合「157
  • ソフトバンク以外の携帯からの場合「0800-919-0157

どちらの電話番号も営業時間は9:00-20:00です。

ドコモのスマホを契約している人

最後に、ドコモの代表的なオプションです。

オプション名内容料金
あんしんセキュリティウイルス・危険サイト・迷惑メール対策などのセキュリティサービス200円/月
dマガジン人気雑誌250誌以上読み放題サービス400円/月
dグルメ豊富なレシピ見放題サービス400円/月
いちおしパックドコモのおすすめ人気湯量アプリ使い放題サービス500円/月

参考サイト:docomo公式サイト サービス一覧
オンラインの会員ページであるMy docomoからオプションの解約をすることができます。
手順は以下のとおりです。
[su_spoiler title=”オプションの解約方法”]

  1. My docomoにログインする
  2. 「ドコモオンライン手続き」の「ご契約内容確認・変更」をタップする
  3. 契約内容を確認する
  4. オプションの右側の「申し込み解約」をタップする
[/su_spoiler]また、電話でのオプション解約も可能です。

  • ドコモの携帯からの場合「151
  • ドコモ以外の携帯からの場合「0120-800-000

どちらの電話番号も営業時間は9:00-20:00です。

ここで紹介したオプションは、現在利用していなく、今度も必要としないのであれば解約をしても問題ないと考えられます。
ただし、サポート系のオプションは解約して故障してしまった場合、自分で対応することになるので注意しましょう。

オンライン、電話のほかに店舗でも解約できるよ。どのオプションを削っていいか判断できない人は、店舗で相談してみよう!

節約方法②契約プランを見直そう

スマホ 契約プラン 見直し
ふたつめの携帯料金節約方法は、「契約プランの見直し」です。
プランは通話料金データ通信料金にわかれています。

通話料金プランの見直し

ほとんどのスマホ通話料金プランは、かけ放題です。
無制限のかけ放題プランは2,200円~2,700円と高く、そこまで通話を利用しない人にとっては、無駄であることも多いです。
時間制限つきのかけ放題プランは1,000円~1,700円なので、変更するだけで約1,000円/月の節約につながります。

近年はLINEやSkypeなどの無料通話アプリが普及しているので、通話オプションに加入しないというのもひとつの節約方法だよ。

データ通信料金プランの見直し

簡単にお伝えすると、データ通信料金とは「7GBで6,000円」といった、1ヶ月にどれ程のデータ通信量を使うことができるかというプランのことです。

「1ヶ月に利用しているデータ通信量を把握していない・・・」という方は実に多いです。「7GBのデータ通信量で契約をしているにもかかわらず、毎月3GB程度しか使用していなかった」などとなれば、使ってないデータ通信量は無駄です。
各スマホキャリアのオンライン会員ページで、データ通信量の利用状況を確認できるよ!
外出先でもWi-FIサービスを利用しよう
データ量を使いすぎていて、データ通信料金プランを見直すことができないわ・・・。どうしたらいいのかしら。
移動中や外出先でデータ通信量を多く利用する方も多いはずです。
そのような方々は、au・ソフトバンク・ドコモといったスマホキャリアのWi-Fiサービスを利用しましょう。

駅やショッピングモールといったさまざまな場所でWi-Fiサービスを展開しています。
基本は月額料金がかかってしまいますが、契約している料金プランや条件を満たすことによって無料でWi-Fiを利用することができます。

Wi-Fiサービス料金備考
au Wi-Fi SPOT300円/月契約しているプランによっては無料
ソフトバンクWi-Fiスポット467円/月フラット型のパケット定額サービスを契約している場合は無料
docomo Wi-Fi300円/月条件を満たすと無料
なるほど!データ通信量を料金が安いプランに変更して、Wi-Fiオプションをつけると結果的に節約につながることもあるのね。

節約方法③自宅の光回線を見直そう

スマホ 光回線 見直す
3つめの携帯料金節約方法は、「自宅の光回線の見直し」です。
自宅の固定回線をスマホと同じ会社の光回線に乗り換えると、料金が安くなることがあります。

auひかり・ソフトバンク光では毎月最大2,000円割引、ドコモ光では家族で最大3,000円お得です。
ただし、満たすべき条件が存在するので、必ず確認しましょう。

家族で同じスマホ会社で契約しているとよりお得になるのね!早速スマホに対応する光回線をチェックしなきゃ!
auひかりの公式サイトはこちら
ソフトバンク光の公式サイトはこちら
ドコモ光の公式サイトはこちら

節約方法④格安スマホに乗り換えよう

格安スマホ 乗り換える

4つめの携帯料金節約方法は、「格安スマホに乗り換え」です。

この節約方法は、携帯料金を最も安くできるのでおすすめです。
格安スマホについてあまり知らないという方にも向けて、順を追って紹介していきます。

今すぐ格安スマホの乗り換え方法をチェックしたい方はこちらをクリックしてください。

格安スマホとは?

格安スマホとは、その名のとおり安く利用できるスマホのことです。

au・ソフトバンク・ドコモと比較して月額料金を今の4分の1に減らすことができる可能性があるほど、格安なサービスです。
MVNOと呼ばれる会社がドコモなどの通信事業者のネットワークを借りて営業しています。

基本的にドコモのネットワークを利用しているため、エリアは全国に対応しています。

店舗を展開したり広告費をかけたりしていないので、料金を安くできるんだね!

格安スマホと格安SIMの違い

「格安SIM」とよく聞くけど、格安スマホと同じ意味なのかしら?
答えは「No」です。
SIMとは、電話番号などの情報が書き込まれたICカードのことです。
あまり知られていませんが、スマホを利用するうえでSIMカードは必須です。
格安スマホは、本体(端末)とSIMカード(格安SIM)の組み合わせでできています。格安スマホ 格安SIM
格安スマホは、通常使用しているSIMとは異なり、料金が格安なSIMに差し替えることで実現します。
これが、「格安SIM」と呼ばれているものです。
格安スマホに乗り換えるときに間違った知識をもったままだと大変!格安スマホと格安SIMの認識の違いを理解しておこうね。

格安スマホに乗り換える方法

格安スマホと格安SIMについては理解したのだけど、どうしたら乗り換え完了になるのかしら?
格安スマホに乗り換えるために必要なステップは主に6つです。
[su_box title=”格安スマホに乗り換える方法”]
  1. MNP予約番号を取得する
  2. 購入するスマホ本体(端末)を選ぶ *
  3. 申し込みをする
  4. スマホ本体(端末)*とSIMカードが届く
  5. MNP切り替えを行う
  6. 初期設定、動作確認し完了

*利用していたスマホ本体(端末)にSIMカードを差す場合は不要

[/su_box]
MNP予約番号とは、他社へスマホ乗り換えするときに必要な10ケタの番号のことだよ。この番号がないと電話番号の引き継ぎができないんだ。
MNP番号を取得する方法、料金は以下のとおりです。

  auソフトバンクdocomo
電話電話番号共通電話番号「0077-75470」ソフトバンク携帯「*5533」
その他「0800-100-553」
ドコモ携帯「151」
その他「0120-800-000」
営業時間9:00~20:009:00~20:009:00~20:00
WEBログイン画面My auMy SoftBankMy docomo
営業時間9:00~20:0024時間可能24時間可能
店頭
各店舗各店舗各店舗
MNP転出手数料3,000円3,000円2,000円
新規事務手数料3,000円3,000円3,000円

また、格安スマホへの乗り換えするときの状況は以下のような2パターンが想定されます。

  • 新しくスマホ本体(端末)を購入し、同時にSIMカードの契約をする
  • 利用していたスマホ本体(端末)を使い、SIMカードのみの契約をする

ふたつの大きな違いは、新しくスマホ本体を購入するかしないかです。
おおむね乗り換えの方法は同じなので、上記の流れに沿って行いましょう。

格安スマホに乗り換えるときの注意点

格安スマホに乗り換えるとき、注意すべき点があるので紹介します。
SIMフリー 格安スマホ 注意点
ひとつめの注意点は、新しくスマホ本体(端末)を購入する場合にSIMフリーを選びましょう。au・ソフトバンク・ドコモといったスマホキャリアは、他社へ流通させないために自社のSIMカードしか挿せないようロックをかけています。ロック解除には手数料がかかってしまうので、少しでも携帯料金を節約したいと考えている方はSIMフリーのスマホ本体(端末)を購入しましょう。
格安スマホ 格安SIM 端末購入 注意点
ふたつめの注意点は、格安SIMが対応するスマホ本体(端末)かどうか確認しましょう。これは、利用していたスマホ本体(端末)にそのまま格安SIMを差し替える場合のみです。
せっかくSIMカードの申し込みをしても対応していなかったら動作しません。
格安SIMを申し込む前に必ず確認しましょう。

格安スマホのメリット・デメリット

ここで、格安スマホのメリットとデメリットをお伝えします。

格安スマホのメリット

  • 安い
  • 料金プランがわかりやすい
格安スマホは「2年経過すると料金が変わる」というような料金プランではなく、主に定額なので、料金を一目で把握できるんだ。
格安スマホのデメリット

  • 大手の安心感がない
  • サポートが手厚くない
  • 通信の回線が弱いこともある
  • 通話料金が高い
  • キャリアメールがない
  • スマホ修理代は自己負担
格安スマホ利用者は、キャリアメールの代わりにGmallアドレスを使用している人がほとんどだよ。

おすすめ格安SIM会社5社の料金プラン比較

格安スマホ 格安SIM 料金比較
今回紹介するのは、以下の代表的な格安SIM会社5つです。
最も人気ある「データ通信量+音声通話プラン」の料金比較*を行いました。

格安SIM会社月間データ通信量月額料金特徴
Y!mobile2GB⇒増量後3GB2,980円⇒割引後1,080円さまざまな割引キャンペーン・契約期間あり
mineo3GB1,510~1,950円500MB/月~30GB/月と幅広いプランが展開されている
U-NEXT U-mobile3GB1,580円毎月最新映画1本~無料で観ることができる
LINEモバイル3GB1,690円LINE、主要SNSのデータ通信量はカウントされない
UQ mobile3GB1,980円5分以内の国内通話が何度でも無料

*2019年9月16日現在。比較のため3GBで統一
携帯料金が安い順に紹介していきます。
【Y!mobile】
Y!mobile ロゴ
Y!mobileは2年契約の縛りがあるものの、2年間毎月データ通信量増量サービスを行っています。
さまざまな割引キャンペーンも行っているので、該当する方はより安い料金で利用することができます。

プラン名月間データ通信量月額料金
プランS2GB⇒増量後3GB2,980円⇒割引後1,080円
プランM6GB⇒増量後9GB3,980円⇒割引後1,680円
プランL14GB⇒増量後21GB5,980円⇒割引後3,380円
 
契約期間内に解約すると別途料金がかかってしまうから注意しよう!
Y!mobile利用者の口コミも紹介します。
  •    女性   歳


  • Y!mobileの口コミはこちら
    公式サイトはこちら
    【mineo】

    mineo(マイネオ)は、以前使用していた電話番号をそのまま変えずにデータ容量の契約ができます。
    au・ソフトバンク・ドコモ別に料金は少々異なりますが、データ通信のみ3GB/月で900円~と業界最安値です。
    データ通信と音声通話セットのプランでも3GB/月で1,510円~です。
    500MB/月のプランもあるので、「格安SIMを試してみたい」という方にもおすすめです。

    月間データ通信量データ通信のみデータ通信+音声通話
    500MB700~790円1,310~1,950円
    3GB900~990円1,510~1,950円
    6GB1,580~1,670円2,190~2,630円
    10GB2,520~2,610円3,130~3,570円
    20GB3,980~4,070円4,590~5,030円
    30GB5,900~5,990円6,510~6,950円
    500MB/月から30GB/月と幅広いプランが展開されているのね!
    mineo利用者の口コミも紹介します。
  • marrrd   女性   32歳2019年06月11日


    auからmineoに変えて1年が経ちます。感想は満足です!料金は多い時で3000円でauの時の1/3の値段になってます。割引キャンペーン中に加入したので最初の6ヶ月間はとてもお安かったのも良かったです。通信速度もそこまで気になりません。

  • mineoの口コミはこちら
    mineoの解約方法について詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。
    節約ライフ!

    mineoの解約方法の手順と解約前に知っておきたい注意点を7つまとめて紹介します!「違約金が必要なのか」や「月の途中で解…

    公式サイトはこちら
    【U-NEXT U-mobile】

    U-NEXT Umobileは、毎月最新映画が1本~無料で観ることができるという特徴をもっています。
    iPhone向けの料金プランや、「大容量のデータ量を気にせず使用したい」といった方に向けたプランなどさまざま展開されています。
    今回は、なかでも最も料金が安く人気な料金プランを以下にまとめました。

    月間データ通信量データ通信のみデータ通信+音声通話
    1GB790円
    3GB1,580円
    5GB1,480円1,980円
    無制限2,480円2,730円~2,980円

    月間データ通信量無制限のプランもあり、外出先でデータ通信をよく利用する方におすすめです。

    通信量を気にせずに使えてこの値段は大満足ね!
    U-NEXT U-mobile利用者の口コミも紹介します。
  • ロミオ   男性   43歳2019年06月10日


    1年くらい見ています。最初は韓流が自分の中でブームでDVDを借りて平気で全部借りて6000円とか払って見てたんですが、U-NEXTでたくさんの韓流物があるのを知ってからはDVDを全く借りに行かなくなりました。見たい映画や、海外ドラマ、韓流もたくさんのタイトルが早い段階で見放題になるのがとてもうれしいです。

  • U-NEXT U-mobileの口コミはこちら
    公式サイトはこちら
    【LINEモバイル】
    LINE MOBILE ロゴ
    LINEモバイルは、LINEや主要SNS(Instagram・Twitter)などのデータ通信量がカウントされないという独自のサービスを行っています。
    地域や使用したい端末などによって好きな回線(au・ソフトバンク・ドコモ)を選ぶことができます。

    プラン名月間データ通信量月間料金
    音声通話SIM3GB1,690円
    5GB2,230円
    7GB2,880円
    10GB3,220円
     

    また、「LINE以外のSNSはあまり利用しない」という方に向けて独自の料金プランが展開されており、1GB500円/月で展開されています。

    プラン名
    月間データ通信量月間料金
    LINEフリーデータSIM1GB500円
    データSIM(SMS付き)1GB620円
    音声通話SIM1GB1,200円

    音声通話をセットにした場合1GBで1,200円/月ですが、LINEのデータ通信量はカウントされないので十分なデータ通信量ではないでしょうか。

    思い返せばLINEばかり使っているわ。他のSISを利用している人はもちろん、全く使っていないという方にもおすすめね!
    公式サイトはこちら
    【UQ mobile】

    UQ mobileは、5分以内の国内通話であれば何度でも通話料無料であるプランがあります。
    「通話はよくするけど長時間はしない」などといった人におすすめです。
    月間データ通信量も、料金ごとに3GB・9GB・21GBと展開されています。

    プラン名月間データ通信量月額料金
    プランS3GB1,980円
    プランM9GB2,980円
    プランL21GB4,980円
    私は1ヶ月3GBで十分!長電話はあまりしないからUQ mobileにしようかしら。
    UQ mobile利用者の口コミも紹介します。
  • りょうちゃん   女性   39歳2019年06月21日


    初めて手にしたケータイがドコモで、それ以来他社に乗り換えたこともなくずっとドコモユーザー。今回、子どもに持たせるスマホの会社を比較検討し、UQモバイルを利用することに。店頭での説明もわかりやすく、親切な店員さんが色々教えてくれたため、子どももすんなりとスマホデビューすることができました。しばらく使ってみて、良さそうなら私の乗り換えも考えてみようかと思います。

  • UQ mobileの口コミはこちら
    公式サイトはこちら

    格安スマホはこんな人におすすめ

    携帯料金の節約方法のひとつとして、格安スマホの乗り換えについて紹介してきました。
    さまざまな会社、メリット・デメリットがある中、どんな方が格安スマホに向いているか気になるのではないでしょうか。
    ひとつでも当てはまるという人は、格安スマホにぜひ乗り換えてみましょう。

    格安スマホがおすすめな人の特徴

    • 毎月の携帯料金を安くしたい
    • 通話はあまりしない
    • 連絡手段は主に無料通話アプリを利用している
    • 自宅や会社にWi-Fiがある
    • モバイルWi-Fiを持ち歩いている
    格安スマホがおすすめでない人の特徴

    • 通話をよくする
    • 外出先でデータ通信を利用する
    • 通信速度にこだわる
    • キャリアメールを手放したくない

    契約違約金が残っている場合は?

    スマホ 注意
    au・ソフトバンク・ドコモといったスマホキャリアは、2~3年間の契約期間が存在することが多いです。
    契約期間内に格安スマホに乗り換える場合は、解約違約金がかかってしまいます。
    契約しているプランにもよりますが、違約金の平均金額は約9,000円程度です。
    この料金は高いと感じますが、格安スマホに乗り換えると月々約3,000円もの携帯料金が節約できます。
    実質、すぐにお金を取り戻すことができるので、解約違約金を払ってでも乗り換えをした方がお得になることも多いです。

    携帯料金節約まとめ

    携帯料金の節約方法、いかがでしたでしょうか。
    ここまで紹介した節約方法を、もう一度簡単にまとめます。

    格安スマホに乗り換える方法以外は、どれも数百円~3,000円程度しか安くならないかもしれません。
    しかし、ちりも積もれば山となり、年間で40,000円前後節約できます。
    格安スマホに乗り換えると、今の携帯料金から各段に料金を節約できるので一番おすすめです。
    1ヶ月約2,000円でスマホを使うことができるなんて、夢みたいですよね。
    ぜひ格安スマホに乗り換えて安さを実感してみてください。