CATEGORY

ウーバーイーツ

Uber Eats配達パートナーの報酬はいくら?登録方法・評判まとめ

 
節子
Uber Eatsって街で最近よく見かけるけど働くのはどうなのかしら?飲食店とかのバイトと比べて時給はどうなのかしら?
 
節フクロウ
Uber Eatsは新しい働き方のひとつだね!今回はUber Eatsを始めたい人向けに報酬金額や登録方法、メリット・デメリット、効率よく報酬を稼ぐためのコツなんかを紹介していくよ!

 

Uber Eatsとは

UberEatsのロゴ

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、ネットで注文できる食事のデリバリーサービスです。

料理を配達するのはUber Eatsに登録した「配達パートナー」と呼ばれる人達です。

配達パートナーは18歳以上の人なら誰でも登録でき、自身のバイクや自転車でUber Eatsで依頼が来た商品を配達をすることでお金を稼ぐことができます。

アプリをオンラインにするだけで始められるので、スキマ時間などにできる手軽な副業やバイトの代わりとして登録人数は増加しています。

Uber Eatsの仕事の流れ

Uber Eatsの全体の流れは以下のようになっています。

  1. 利用者が飲食店に料理を注文
  2. 飲食店が料理を作る
  3. 飲食店から配達パートナーに配達依頼が届く
  4. 配達パートナーが飲食店に商品を受け取りに行く
  5. 利用者の所に料理を配達する

ウーバーイーツの仕事の流れ

配達パートナーの動きとしては、以下のような流れです。

  1. アプリをオンラインにする
  2. 配達依頼が届いたら指定のレストランに商品を受け取りに行く
  3. 商品を受け取ったら注文者の所に届ける
  4. 配達完了

動画:実際にUber Eatsを配達する様子

Uber Eatsの登録方法

Uber Eatsの配達パートナーになるには、いくつかの手続きが必要です。この手続きも簡単に終わるのでご紹介しておきます。

登録の手順

・アカウントの登録…公式サイトからアカウントを登録
・書類の提出…身分証明証などを提出
・アカウントの有効化…近くのパートナーセンターに行ってアカウントを有効にして配達バッグをもらう

アカウントの登録と書類の提出はアプリやサイト上でできるので、前もってやっておくとパートナーセンターでの登録がスムーズです。

Uber Eatsでは登録時にいくつかの書類が必要になります。バイクで配達する人は、保険の証明書やナンバープレートの提出も必要です。なお、バイクは125cc以下に限られていますので注意しましょう。

登録に必要な書類

・身分証明証(運転免許証/パスポート/マイナンバーカード/住民基本台帳カード/小型船舶操縦免許証のいずれか)
・プロフィール写真
・自動車損害賠償責任保険の証明書(バイクの場合)
・ナンバープレート(バイクの場合)

このほか、報酬が振り込まれる銀行口座を登録する必要があります。

報酬は海外口座から振り込まれます。楽天銀行やイオン銀行などのネット銀行、ゆうちょ銀行は海外送金に対応していないので、海外送金に対応している銀行口座を準備しておきましょう。

パートナーセンターではアプリの使い方や仕事の流れについて30分くらいの説明があります。説明が終わったら配達バッグを貰って終了です。

この時点でアカウントが有効化されるので配達ができるようになります。

Uber Eatsの報酬はどれくらい?

Uber Eatsの配達パートナーはどのくらい稼げるのでしょうか。

時給換算で1,000~1,800円くらい

最初の慣れないうちは時給は1,000円前後になってしまいますが、次第に慣れて効率よく配達ができるようになると、もっと稼げるようになります。

依頼数や作業効率によって変わりますが、時給1,000~1,800円になることが多いようです。

ブーストやクエストという追加報酬の仕組みを上手く活用できれば時給2,000円以上を稼ぐことも可能です。

配達1件あたりの報酬金額は平均400~500円程度なので、1時間で4件配達ができれば時給が2,000円になる計算です。*報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります

実際にSNS上に掲載されている配達パートナーの報酬を見てみましょう。

【2019年6月22日大阪】

【2019年7月8日東京】

【2019年6月22日東京】

支払い金額について

Uber Eats配達パートナーの報酬体系は以下のような式で計算することができます。

支払い金額の計算方法

支払い金額=(基本料金 × ブースト + 特別キャンペーン[不定期] )- サービス手数料

基本料金

報酬は基本料金という報酬がベースになっています。

  • 受け取り料金
    …レストランで商品を受け取った時に貰える報酬
  • 受け渡し料金
    …商品を注文者に渡した時に貰える報酬
  • 距離料金
    …レストランから注文者までの距離によって貰える報酬

ここからウーバーへのサービス手数料を引いた金額が報酬として支払われます。

大阪・名古屋・福岡などのエリアの基本料金は?

基本料金の金額はエリアによって異なります。

エリア受け取り料金受け渡し料金距離料金(km毎)サービス手数料
東京・埼玉・千葉300円170円150円35%
横浜・川崎250円120円60円10%
大阪・神戸・京都215円105円60円10%
名古屋215円105円60円10%
福岡136円63円45円5%

*2019年7月1日現在の料金

ブースト

ブーストとは、特定のエリアと時間に設定された追加報酬のことを言います。

ブーストが付きやすいのは、注文数が多くなるランチタイムやディナータイム、雨などの悪天候時です。

ブーストは基本報酬に1.1~2倍程度の報酬が追加されます。

https://twitter.com/Uber_Osaka_neko/status/1150388262789210113?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1150388262789210113%7Ctwgr%5E363937393b70726f64756374696f6e&ref_url=https%3A%2F%2Feconomy-life.com%2F5682

このブーストを効率よく活用すると上手く稼げますが、多くの配達パートナーがブースト狙いで倍率が高い所に移動することが考えられます。そうすると供給が多くなりすぎて自分に回ってくる配達依頼が少なくなってしまい、結果的に時給換算にすると報酬が少なくなる場合もあります。

ブーストが高いエリアに自分がいる場合、依頼がほとんど来ない場合もあるのでそういった時はブーストの倍率が低いエリアに移動してみるなどしてみましょう。

特別キャンペーン(クエスト)

特別キャンペーンは「クエスト」とも呼ばれる不定期に行われるイベントです。

よくあるクエストは、「特定の期間中に一定回数の配達を完了すると、所定の金額を追加でお支払い」というものです。

 
節フクロウ
クエストはゲーム感覚で楽しめるし、報酬も上がるがら嬉しいね!

サービス手数料

サービス手数料はUber Eatsへ支払う手数料です。東京・千葉・埼玉は35%でそれ以外の地域は5~10%を支払い金額から引かれます。

バッグのデポジット料金が8,000円引かれる

配達バッグのデポジットとして8,000円が4回に分けて1週間ごとに報酬から2,000円ずつ引かれます。

例えば最初の1週目に3,000円を稼いだとしたら、2,000円が引かれた1,000円分が報酬として銀行口座に振り込まれます。

このバッグはあくまでもレンタルなので、サポートセンターにバッグを返却したら8,000円は返却されます。

Uber Eatsで配達パートナーをしている人の口コミ・評判

ここからはUber Eatsで配達パートナーをしている人の口コミで良かった所と悪かった所を紹介していきます。

良い口コミ

男性/30代後半
口コミアイコン30代男性
カエデちゃん

短時間でエリアを絞れば高時給が狙えます。クエスト達成ならプラス高単価なので、他の副業するよりはいい条件だと思います。何よりシフトがないのが良い。

女性/20代後半
口コミアイコン20代女性
りり

自分のペースで働ける。1人なので楽。自転車だったので運動にもなった!ダイエットのためのジム通いとバイトを一緒にできるような感覚で始めました。ダイエットは辛いけど、ダイエットでお金がもらえる!と思って自転車も頑張りつつバイトみたいな感じ。1人の時間もあるので自分のペースでマイペースに働けました。

良い口コミとしては「働きやすい」という声が多くありました。通勤やシフトもなく、自分のペースで働ける環境が公表のようです。

他には報酬の良さや自転車の乗るからいい運動になって一石二鳥などという声もありました。

悪い口コミ

男性/30代後半
口コミアイコン30代男性
カエデちゃん

アプリが鳴らない時はトコトン鳴らない。待ちの間で疲れてしまう事。配達先の確認をする為に地図を見ているのに、お構いなくオーダーが飛んでくる。その時は目的地が確認とれないので、少しイラッとします。お客様と電話してるときにでも、会話の後ろでアプリの通知音が流れるので、話が聞こえにくくなります。

女性/20代前半
口コミアイコン20代女性
ななこ

長距離配達は疲れるし、天候が悪いと気分が最悪になる。夏場はとくに辛い。渋滞や事故で予定が狂う時もたまにある。

良くない評判で多かったのは「アプリの完成度があまり高くない」という声でした。地図上の目的地がずれていたりとった不具合などが時々発生します。

また外で体を動かす仕事なので、働きやすさは天候に左右されますし、体力も使うという声もありました。

Uber Eatsのメリット・デメリット

ウーバーイーツを配達している配達員

先程の口コミを参考にしつつ、Uber Eatsのメリットとデメリットを紹介していきます。

Uber Eatsのメリット

まずはUber Eatsのメリットについて紹介します。

Uber Eatsのメリット

・自由に自分のペースで働ける
・人間関係が無いのでラク
・報酬の支払いは週ごとに貰える
・運動不足の解消になる
・道やエリアのお店に詳しくなる

メリット①自由に自分のペースで働ける

Uber Eatsはアプリを起動するだけで仕事を開始できます。逆に気分が乗らなかったら仕事をしなくてもいいし、好きな時に休憩もできるので完全に自分のペースで働くことが可能です。

また、自宅がUber Eatsのエリア内なら通勤の必要もありません。自宅でアプリをオンラインにして待機しておいて、配達依頼が来たら配達に行くというような働き方も可能です。

ただし自分のペースで働ける分、自己管理ができない人はだらけてしまわないように気をつけましょう。

メリット②人間関係が無いのでラク

配達中は基本的に1人行動なので、人間関係が苦手な人におすすめです。始める時も面接などありません。

配達中の会話も挨拶と注文番号を伝えるくらいなので、会話が苦手な人にもおすすめです。

服装・髪型も自由で、誰かに指摘されることもありません。ただしあまりにも清潔感のない見た目になると、低評価を得てしまう可能性もあるので不快感を与えないような身なりにしておきましょう。

メリット③報酬の支払いは週ごとに貰える

配達の報酬は毎週支払われます。月曜日の午前4時を締め日として、原則1週間に1度お支払いの処理が行われます。働いた週の水曜日頃には振込まれるので金欠の時に助かるでしょう。

メリット④運動不足の解消になる

自転車で配達をしている人は運動になるので、運動不足解消したい人やダイエットをするついでにお金も稼げるので一石二鳥です。

メリット⑤道やエリアのお店に詳しくなる

Uber Eatsはさまざまなお店と提携しています。配達で行ったお店が良さそうだったら別の日にお客として使ってもいいでしょう。また配達エリアの地理にも詳しくなれるので新しい発見ができます。

Uber Eatsのデメリット

もちろん、Uber Eatsの配達にはデメリットもあります。

デメリットまとめ

・アプリの地図機能が不正確
・配達依頼が来ないと稼げない
・自転車かバイク(125cc以下)、スマホを用意する必要がある
・保険が無いので事故を起こすと自己負担になる
・雨の日や冬は働きにくい&疲れる

デメリット①アプリの地図機能が不正確

Uber Eatsの配車アプリにはバグが多く、まだまだ完成されたアプリとは言えません。よくあるバグが「目的地がズレて表示される」というバグです。

このバグの対処方法としては、Goolgeマップなど別の地図アプリを使用したり、注文者に直接連絡をすることで対応するしかありません。それでも場所がわからない場合はサポートセンターに連絡をしましょう。

デメリット②配達依頼が来ないと稼げない

Uber Eatsのは、完全に歩合制なので依頼が全くないと報酬もゼロになります。毎月決まった金額を安定して稼ぎたいという人はUber Eatsよりもバイトをした方が確実なのでおすすめです。

依頼数を増やすには、ブーストがかかっていない(人が少ない)エリアに移動するか、人が少なくなる22時以降や雨の時を狙うといいでしょう。

デメリット③自転車かバイク(125cc以下)、スマホを用意する必要がある

Uber Eatsは、自分で自転車か125cc以下のバイクを用意しなければいけません。

東京や大阪などの都市部のエリアでは、Uber Eats配達パートナーに登録している人は月4,000円でシェアサイクルを使えるキャンペーンをやっているのでもし自転車かバイクを持っていない人はシェアサイクルを利用するのもひとつの手です。

  • モバイルバッテリー・充電コード
  • 自転車用スマホホルダー
  • 雨具(カッパ・長靴)
  • グローブ
  • ヘルメット

デメリット④保険が無いので事故を起こすと自己負担になる

「配達パートナー」はバイトとは違い、ウーバーと契約する「個人事業主」として契約します。配達依頼を受けてから配達が完了するまでの間は対人対物保険はついていますが、交通事故による自分の怪我や所有物は補償の対象外です。

自分への保険には各自入るようしましょう。

もちろん配達先から待機場所に移動する時に起こった事故に対しても保険の保証対象外なので注意しましょう。

デメリット⑤雨の日や冬は働きにくい&疲れる

Uber Eatsは外での仕事なので働きやすさは天候に左右されます。寒い日や暑い日は精神的にも疲れますし、雨の日は路面が滑ったり視界が悪かったりと危険も伴います。

また自転車に乗りっぱなしなので、体力的にも疲労がたまりやすい仕事でもあります。

Uber Eatsで効率よく稼ぐ方法

 
節フクロウ
Uber Eatsで稼ぐにはちょっとしたコツがあるんだ!Uber Eats配達パートナーの先輩たちに効率よく稼ぐためのアドバイスをもらったからいくつか紹介していくよ!
男性/30代後半
口コミアイコン30代男性
カエデちゃん

雨の日などの悪天候だと配達パートナーが少ないので、オーダーが取りやすいです。ピックアップも選べるので、より稼ぎやすくなります。夜の22時以降の繁華街も、時間帯を考えたら、配達パートナーが少なくなってきているのか、オーダーが取りやすいです。天候と時間帯を絞れば効率よく稼げます。

女性/20代後半
口コミアイコン20代女性
りり

入る時間帯を考える。稼ぐためなら、夕ご飯の時間帯はマストです。1人で楽なので、携帯なども使えるし、息抜きしながら働けば働いてる感覚なく働けますよ!

先輩配達パートナー達によると、働く時間帯が大切なようですね。天気が悪くて他の配達パートナーがいなさそうな時間帯や夜遅い時間、ピークタイムなどを狙って働くと効率よく稼げます。

Uber Eatsまとめ

Uber Eatsで配達パートナーを始めたい人に向けて情報をまとめました。

デメリットがいくつかあるものの、上手く立ち回れたら一般的なバイトよりも稼げるUber Eatsは魅力的ではないでしょうか。

なにより好きな時に働けるという手軽さが嬉しいですよね。

この記事を見てUber Eatsが気になった人は一度配達パートナーに登録をしてみてはいかがでしょうか。