年収が0だとクレジットカードは持てない?審査突破に必要な基準を紹介!

更新日:

「クレジットカードが欲しいけど年収が低いから持てるか不安…」
「学生で収入がないけど、クレジットカードを使ってみたい」

このように考えている方は多いと思います。

それでは一体どのくらいの年収があればクレジットカードを持つことができるのでしょうか。

今回はクレジットカードを持つことができる年収について解説していきます。またクレジットカードに関する専門家の方からもアドバイスをもらっているのでぜひ参考にしてください。

クレジットカードを持つことができる年収は?

疑問符を指差している様子

クレジットカードを作成するときには、発行するにあたって審査が必要です。その審査には年収を記入するところがあるため、「年収がいくらならクレジットカードを作れるのかな?」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

ここではクレジットカードを発行できる年収の基準を解説します。

年収がなくても持てる?

結論からお伝えすると、年収が0円でもクレジットカードを持つことは可能です

ただし、その基準はカード会社や高ランクカードを発行するかどうかによって異なります。

カード会社によって年収がなくてもクレジットカードを発行することができる会社もあれば、一定の収入がないと発行できない会社もあります。

自分が欲しいと思っているクレジットカードの審査に年収基準があるかどうかについては、カード会社の公式ページなどに記載があるのでしっかりと確認しましょう。

年収がゼロでも審査が通りやすいクレジットカード一覧はこちら

ただし年収以外の審査基準もあるので、すべての人が審査に通るわけではありません。後ほど、他の審査基準についても解説します。

また、ゴールドカードやブラックカードと呼ばれる高ランクカードを発行する場合には、年収の審査が必要です。

一般的な年収基準としては以下のとおりです。推奨年収は申し込みをした際におおよそ審査に合格する金額です。

カードのランク必要最低年収推奨年収
一般カード0円~200万円以上
ゴールドカード200万円〜400万円以上
プラチナカード400万円〜600万円以上
ブラックカード600万円〜700万円以上

自分の目的や求めている機能を考えた上で、どのクレジットカードであれば、目的を果たすことができるのか判断しましょう。

節子
どのようなクレジットカードがおすすめなの? 選び方がわからないわ。
佐藤 喜三男
ファイナンシャルプランナー
仕組みは一緒でも、サービス内容は千差万別です。ステータス重視なのか、年会費無料などコストが重視なのか、あるいは割引などの特典が目的なのか、まず自身のライフスタイルを見極め、最も目的に近いサービスが附帯したクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

年収記載額は総支給額

そもそもクレジットカードの申し込みに記載する年収とは何を示すのかを解説していきます。

まず、クレジットカード審査のときに申請する年収とは、税引き前の総支給額のことを指します。

総支給額は、一般的に1年間の所得税や住⺠税、社会保険料や雇⽤保険料などを含めた「収⼊の総額」を指します。

つまりクレジットカード審査における年収には、【総⽀給】(基本給や各種⼿当などの合計額)を記入し、【差引⽀給額(⼿取り)】(総⽀給額-控除⾦額(社会保険料、所得税・住⺠税などの合計額)を記入しない点に注意してください。

学生の場合

それでは就職していない学生の場合は年収はどうなるのでしょうか?

学生の場合、収入はおおまかに以下の3つに分かれます

  • バイト
  • 仕送り
  • 奨学金

クレジットカードの年収欄に記載する金額は、基本的には働いて稼いだ金額を記入するためバイトの金額を記入します。

そのため学生がクレジットカードを作成する際に申告する年収は「月で稼いだ金額×12ヵ月」です。この時に年収を証明するための書類などは必要ありませんが、審査を通そうと思って虚偽の報告をすることはやめましょう。

また仕送りや奨学金による金額は年収には含みません。

年収以外の審査基準

黒板にルールを書いている様子

つづいてクレジットカードの年収以外の審査基準について確認していきます。

年収基準はカード会社によって異なりますが、どのような観点で申込者を判断しているのでしょうか。

今回は収入がある社会人と、収入が少ないもしくは無い学生や主婦にわけてみていきます。

社会人の場合

社会人の場合、クレジットカードの審査基準は以下の2つです。

  • クレジットヒストリーに問題がない
  • 職業・勤続年数

それぞれについて詳しく解説していきます。

クレジットヒストリーに問題がない

クレジットヒストリーは「信用情報」のことを指し、過去の取引履歴のことです。

クレジットヒストリーの過去の取引履歴には、「住宅ローン」や「マイカーローン」から、「携帯電話の割賦購入」や「クレジットカードの申し込み」まで、借入や返済などの履歴が記録されています。

つまり、上記のような支払いで滞納や延滞、未払いなどクレジットヒストリーが汚れるようなことをしてしまうとクレジットカードの審査に影響を与えてしまいます。

逆にしっかりと支払いを続けることでクレジットヒストリーを磨くことができ、審査に良い影響を与えることができます。

このクレジットヒストリーは、「個人信用情報機関」と呼ばれる以下の3つの機関に保存されてます。

  • 指定信用情報機関(CIC):クレジットカードの利用履歴
  • 日本信用情報機構(JICC):消費者金融との取引履歴
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC):銀行との取引履歴

クレジットカード会社は上記機関に保存されている、クレジットカードやローンの支払い状況を確認します。

その時に「過去に延滞している」などといった悪い記録が残っている場合、クレジットカードの作成が難しくなってしまう可能性があります。

例えば、数日遅れた程度であればほとんど影響はないですが、3ヶ月以上の延滞をしてしまった場合、「異動」と記録がされてしまいます。

「異動」とはいわゆる金融業界の専門用語で「信用取引ができないの状態」のことをさします。この状態の場合、ほとんどのケースでカードの審査は通りません。

下記のような状況になると、異動記録が残ります。

注意
  • 61日以上、または3ヶ月以上の延滞
  • 金融機関が強制的に契約解除した
  • 保証会社が代位弁済した
  • 自己破産などの債務整理をした

異動かどうかといった、クレジットヒストリーの状況はCICならインターネットから確認することができるので、気になった方は確認してみましょう。他の期間は郵送や窓口で確認することができます。

クレジットヒストリーに問題がある場合

それではもし支払い忘れなどによって、クレジットヒストリーに問題を抱えて、異動になってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。

基本的にブラックリストに入ってしまった場合、最長で5年間はその情報が残ります(自己破産の場合は10年間)。

その情報が載っている場合は、カードの審査がとおる確率はほとんどありません。

そうした状況下で、カードを使いたいという場合は「デビットカード」がおすすめです。

デビットカードは銀行口座からすぐに引き落とされるため、審査も不要なので、ブラックリストに入っていても発行することができます。

おすすめのデビットカードとして年会費永年無料の「楽天銀行デビットカード」があります。

それでは異動の情報が消えて、ブラックリストから回復した場合、信用はどのようにつくればいいかを解説します。

楽天銀行デビットカードの詳細はこちら

クレジットヒストリーを回復するには

クレジットヒストリーを回復するには、以下の方法があります。

  • 携帯の分割払い
  • ハウスカードを利用する
  • 審査のゆるいクレカを発行して延滞なく使用する

上記の方法を半年間行うことで、クレジットヒストリーの回復のための実績を作ることができます。特に審査のゆるいクレジットカードとしておすすめなのが楽天カードです。

クレジットヒストリーをさらに磨くためには

また高ランクカードを作る場合にも、クレジットヒストリーが綺麗かどうかも審査基準のひとつとしてみられます。

クレジットカードを磨くためには、以下の2点が重要です。

  1. 毎月クレジットカードを利用する
  2. 口座振替日の期限をしっかりと守る

クレジットカードを毎月使い、しっかりと返済していくことで、カード会社からの信頼を獲得することができます。

上記のことを守ることで、カード会社から「この利用者はしっかりと返しているから、収入も安定していて、返済能力もあるな。」と認識してもらうことができ、高ランクカードの発行の審査に合格することができます。

職業、勤続年数

職業、勤続年数も審査基準のひとつです。

職業や勤続年数によってクレジットカード会社は申込者のおおよその年収を予測することができます。

そのさいに審査にとおりたいからといって、虚偽の報告はしないようにしましょう。虚偽の報告をすることで審査にマイナスの評価を受けてしまったり、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。

大西 真人
ファイナンシャルプランナー
クレジットカード契約時の注意点は、安易に申請しない、審査に通りたいからといって虚偽の申告をしないなどです。例えば、複数枚を短期間でカード会社に申請すると、個人信用情報に影響する可能性もあります(ローン審査に不利に働く可能性があります)

学生や主婦の場合

それでは学生と主婦の場合の審査基準について解説します。収入が少ない、もしくは無い学生や主婦の場合、いったいどのように審査を行うのでしょうか。

まず学生の場合、クレジットカード作成の基準は両親の信用情報がチェックされます。

そのため収入が0円であっても、両親が本人の代わりに支払うことができるので審査に通る可能性があります。

さらに主婦の場合は扶養する配偶者の収入などの信用をもとに審査は行われますので、収入がなくても申請することができます。

注意

未成年の場合

未成年がクレジットカードを申し込む時には親の同意が必要です。

例えば、20歳未満の方がカードを申し込んだ場合、カード会社から親に確認の電話がかかってくる場合があります。

そのため未成年がカードを作る場合は、親に必ず相談しましょう。

年収が低くても大丈夫!おすすめのクレジットカード5選

年収が低かったり、学生でも審査に通りやすい、おすすめのクレジットカードを5枚紹介します。

クレジットカードをもっていることで、さまざまなメリットがあります。

カードの中には年会費がかからないものがあるので、収入が少なくても安心して持つことができます。

節子
クレジットカードのメリットって何かしら?
大西 真人
ファイナンシャルプランナー
現金を持っていなくてもその場で欲しいものを購入できるだけではなく、利用額に応じてポイントが付与され、さらに、保険や優待など、様々なサービスが附帯しています。ネット通販でポイントの還元率が高いカード、系列の商業施設での割引が大きいカードなど、用途に応じた様々な特典があります。

<おすすめカード比較表>

カード名年会費(初年度)年会費(2年目以降~)ポイント還元率年収目安
楽天カード無料無料1.00%~4.00%学生でも可
三井住友VISAデビュープラスカード無料無料(年に1回使用すれば)1.0%~2.5%学生でも可
イオンカード無料無料0.50%~1.33%学生でも可
ヤフージャパンカード無料無料1.00%~3.00%学生でも可
セディナカードJiyu!da!無料無料0.5~1.5%学生でも可

楽天カード

楽天カード

年会費(初年度):年会費無料
年会費(翌年度以降):年会費無料
ポイント還元率:1.00%~4.00%
ポイント名:楽天スーパーポイント
発行スピード:最短3営業日

  • ポイントが貯まりやすく使いやすい
  • 海外旅行傷害保険最大2,000万円補償
  • 楽天市場のポイント還元率が常に3%以上

まず楽天カードの特徴として、年会費が初年度だけでなく、次年度以降も永年無料という点にあります。お金がなかったり、少ない時には非常にありがたい特徴です。

またポイントも100円(税込)につき1ポイント楽天スーパーポイントが貯まり、楽天市場系でのショッピングでも利用することができるため非常に便利です。

そのほかにも海外旅行傷害保険、海外レンタカー優待、手荷物宅配優待、空港ラウンジサービス無料など旅行に充実したサービスもあるので、とりあえず1枚もっておいても損をすることはないでしょう。審査の基準も比較的ゆるめなので、異動などの状況でなければ、問題なく発行できる可能性が高いです。

⇒公式サイトはこちら

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

年会費(初年度):年会費無料
年会費(翌年度以降):前年1回以上のご利用で年会費無料(利用がない場合、税抜1,250円+税)
ポイント還元率:1.0%~2.5%
ポイント名:ワールドプレゼント
発行スピード:最短3営業日

  • 年1回の利用で翌年度以降も年会費無料
  • いつでもポイントが2倍
  • 万一の紛失・盗難による不正利用を補償

学生や収入が低い方におすすめしたいのがまずこの三井住友VISAデビュープラスカードです。

初年度年会費無料で、次年度以降も年に1回でもカードを使えば、無料になるため、安心して保有することができます。

ポイントも還元率が高く、常に還元率1.0%なのに加えて入会3ヶ月は高還元率の2.5%もあります。

どのカードがいいか迷っている場合は、まずこのクレジットカードをおすすめします。

ただし注意点としては18才〜25才しか利用することができず、26才以降は「三井住友VISAプライムゴールドカード」などに変更する必要があります。

⇒公式サイトはこちら

イオンカード

イオンカード(WAON一体型)

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:0.50%~1.33%
ポイント名:ときめきポイント
発行スピード:2週間程度

  • イオン系列でポイントがいつでも基本の2倍
  • 180日のショッピングセーフティ保険
  • イオンシネマ映画鑑賞割引や優待特典あり

基本は0.5%とそれほど還元率は高くないですが、イオン系列の店舗をよく利用する場合がある場合は非常にお得です。

イオングループの対象店舗で利用することで、毎月10日の「ときめきWポイントデー」には、ときめきポイント2倍、さらに20日、30日はお買い物代金が5%offとポイント付与のチャンスがありどんどんポイントが貯まります。

そのほかにもイオンシネマでの映画鑑賞が300円割引き、そのほかにも宿泊施設やレジャー施設などの優待割引などもあり、家計のサポートに便利な一枚です。

⇒公式サイトはこちら

ヤフージャパンカード

ヤフージャパンカード

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:1.00%~3.00%
ポイント名:Tポイント
発行スピード:1週間~2週間程度

  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率が常時1%。
  • nanacoチャージでも貯まる

ヤフージャパンカードは1%という高還元率でTポイントを獲得できます。

さらに、同系列であるYahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物では常に3%のTポイントを獲得可能です(2%分は期間固定Tポイント)

また、セブンイレブンのnanacoチャージでも0.5%のTポイントを獲得できます。nanacoチャージでポイントを獲得できるカードは減少傾向にあるので、貴重なカードです。

ヤフージャパンカードと一番相性が良いユーザーはソフトバンクやワイモバイル契約者です。ソフトバンクやワイモバイルの契約者であればYahoo!ショッピングやLOHACOでのショッピングでさらに還元率が上がりますので該当契約者にとって利点が多いといえます。

なによりTポイントはファミリーマートやガストなど利用できる店舗が多いのでヤフージャパンカードは生活基準で考えても利用価値の高いクレジットカードといえます。

⇒公式サイトはこちら

セディナカード Jiyu!da!

セディナカード Jiyu!da!

年会費(初年度):無料
年会費(翌年度以降):無料
ポイント還元率:0.50%~1.50%
ポイント名:わくわくポイント
発行スピード:1週間程度

  • 年会費が永年無料
  • 毎月の支払額、支払い方法が自由に決定
  • 外貨両替の為替手数料が低コスト

毎月の支払いにばらつきがある人や、日常生活での高還元ポイントを求める人におすすめのセディナカード Jiyu!da!。

このクレジットカードの大きな特徴は 毎月の支払額や支払い方法を自由に決められることです。

カードの支払いはカード利用額の範囲内で、5,000円以上5,000円単位で変更ができ、支払い方法もコンビニ支払いが選択することができます。

利用額によって手数料や利息がかかるものの、好きな時に好きなだけ自由に支払う「よゆう払い」と毎月のショッピングお支払い金額「月々払い」も自由に設定できます。

また、セディナカードJiyu!da!の基本還元率は0.5%ですが、セブンイレブン、ダイエー、カード、イオン、宇佐美グループのガソリンスタンドでは1.5%の高還元率になります。

そして海外キャッシング機能が秀逸で、現地ATM手数料無料で、外貨調達ができます。

電話連絡不要でPay-easyを使ってインターネットの会員サイトから繰り上げ返済ができるので海外からでも返済ができ、利息を0.15%の低コストで抑えることができます。

⇒公式サイトはこちら

まとめ

クレジットカードを作成するにあたって必要な年収について紹介しました。

クレジットカードを作るにあたって年収は審査基準の重要な基準ですが、あくまで基準のひとつであり、学生や主婦といった収入が無い方でも作ることが可能です。

もし、使いたいクレジットカードの申し込みで年収の基準があるなら、カード会社のサイトなどで確認することができますので、公式サイトにて確認してみましょう。

▼おすすめ関連記事▼

最新情報をチェック!