コードキャンプの評判は?レッスンの内容、特徴、料金まとめ!

コードキャンプ(CodeCamp)とは

コードキャンプ
出典:公式サイト

「プログラミングを勉強したいけど、何から勉強したらいいかわからない」

「一人で勉強していたけど、わからないところがあって挫折してしまった」

上記のような人のために、オンラインでプログラミングを学習できる「Code Camp(以下コードキャンプ)」というサービスがあります。

コードキャンプはプログラミングをオンラインで学習することができるサービスで、オンラインプログラミングレッスンの分野では第1位(2016年日経トレンディ別冊調べ)という実績があります。

しかしコードキャンプのレッスンは本当にプログラミングを習得することができるのでしょうか。今回は実際にコードキャンプを受講された方にコードキャンプの評判をきき、良いところ、悪いところをまとめました。

コードキャンプの評判とともにコードキャンプの特徴や、レッスン内容、料金についても解説していきます。

公式サイトはこちら

コードキャンプの特徴

まずはコードキャンプの特徴について紹介します。

コードキャンプには特徴として以下の3つがあります。

  • オンライン完結型のプログラミング学習サービス
  • 現役エンジニアによる個別指導レッスン
  • 受講生に寄り添ったサポート

それぞれ詳しく解説します。

オンライン完結型のプログラミング学習サービス

まずコードキャンプの大きな特徴として、オンラインで講座が完結するという点にあります。

オンライン型の講座であれば、好きな時間、好きな場所でプログラミングの学習をすることが可能。

日頃仕事が不規則でスクールに通うのが難しい方や自宅近くに良いスクールがない人にはおすすめです。

通学不要ということで時間の節約にもなり、有効に時間を使えます。

2018年11月時点でコードキャンプの受講生は20,000人となっており、このことからも人気の高さが伺えます。

現役エンジニアによる個別指導レッスン

コードキャンプでのレッスンは、現役エンジニアによる個別指導です。

現役エンジニアの中でも特に厳選されたプロ集団ですので、基礎から応用まで幅広く学習できます。

マンツーマンでのレッスンなので、わからないことはいつでも質問できるのは嬉しいポイントです。

レッスンは1回40分、レッスン時間は毎日7時~23時40分までと幅広い時間帯で利用可能となっており、仕事で忙しい人も利用可能。

講師の数は200人以上で、受講生のレベルや進捗度合いに合わせて柔軟に対応してくれます。

レッスンはビデオ通話形式ですが、生徒側は顔出しするかしないかは自由なので、プライバシーにも配慮しています。

受講生に寄り添ったサポート

コードキャンプはオンラインでの学習スタイルを取りますが、その満足度は非常に高いです。

レッスンの満足度は94.6%と非常に高く、対応している生徒についても、未経験の人でも基礎からしっかり学ぶことができるのが強みです。

授業は卒業後も閲覧可能であり、卒業してからも苦手な部分の確認ができます。

転職や就職のサポート体制も万全なので、新しい業界に挑戦したいという人には心強い存在です。

無料体験も行っているので、そちらを体験した上で正式に入会でき、受講スタイルを理解した上で利用可能です。

公式サイトはこちら

コードキャンプの学習の流れ

コードキャンプ 学習の流れ

出典:公式サイト

コードキャンプの学習は以下の流れで進められます。

  1. 会員ページより、カリキュラムにて学習
  2. カリキュラムにある事前課題に取り組む
  3. レッスン受講
  4. 課題提出
  5. フィードバック

まずは会員ページにログインして、選択したコースのカリキュラムを学習します。

カリキュラムには事前課題があるので、まずはそれに取り組みます。

事前課題を終えたたらレッスンがスタート。

講師とのマンツーマン形式で40分間のレッスンを行います。

レッスンでは一方的に話を聞くのではなく、受講生の方からも積極的に質問を行うことでより理解が深まります。

レッスンの後に課題を提出し、それに対するフィードバックを受けます。

自分では気づかなかった点やよりわかりやすいコーディングの方法について学ぶことができます。

フィードバックは今後の成長の上で欠かせない大事なアドバイスなので、真剣に聞くようにしてください。

まずは自力でしっかり事前学習に取り組むということが大事です。

公式サイトはこちら

コードキャンプの評判

口コミ

それでは、ここからは実際にレッスンを受講された方のコードキャンプの評判を確認します。

インターネット上にある口コミではなく、コードキャンプを実際に受講された方から独自で直接集めた口コミですので、参考になるはずです。

コードキャンプの良い評判

まずはコードキャンプの良い評判からみていきます。

ldさん/男性/30代/会社員/⭐️⭐️⭐️⭐️☆
講師の人達がとても優しく丁寧に教えてくれました。初心者だったので基礎から丁寧に教えてもらうことが出来たという点かとても良かったと思っています。プログラミングも仕事で通用するくらい上達したので、教えている内容も実践的なものだと思います。
弊社独自調査より

ぎろさん/男性/30代/会社員/⭐️⭐️⭐️⭐️☆
コードキャンプは言語の選択肢が他のプログラミングスクールより多く用意されていてRubyマスターコースでHTML/CSS/JavaScript/Ruby/ Ruby on Railsを学び、すぐにWebアプリケーションを開発する手法を学べて仕事に応用することができました。講師も現役エンジニアのかたで、非常に教え方も上手でした。
弊社独自調査より

みかんさん/女性/40代/介護士/⭐️⭐️⭐️⭐️☆
講師は、無駄な笑いなどを一切省いた効率主義の方だったので真剣に取り組むのが難しくありませんでした。また、プロなので当然かもしれませんが、とても知識があり尊敬できる人物だと感じました。 自分のレベルと目標に合わせたコースを選ぶことができたので、自分の選択に対する満足感がありました。
弊社独自調査より

講師の質に関する評価が多く寄せられていることがわかります。

講師の教え方が優しい、そして何よりわかりやすく教え上手という声が多く上がっていますが、オンライン講座においては実際に対面でレッスンを受講できないだけあって、講師の質の高さが特に求められます。

コースも豊富に用意されており、自分の目的に合った内容を選ぶことができるというのも好評の理由のひとつです。

コードキャンプの悪い評判

ぎろさん/男性/30代/会社員/⭐️⭐️⭐️⭐️☆
コードキャンプの悪かった点は、講師によって実力に差が大きいということです。私の担当をしてくださった講師の方はサーバーサイドのプログラミング言語が若干、苦手だったようで、他の言語はとても丁寧で上手におしえてくださったのですが、サーバーサイドのプログラミング言語に関しては教え方が下手でした。
弊社独自調査より

みかんさん/女性/40代/介護士/⭐️⭐️⭐️⭐️☆
オンラインスクールですから計画的に動ける方、怠け癖のある方では結果に繋げることはほぼ不可能な点です。私もどちらかというとしっかりした方ではないので少し苦労しました。 講師の方にはもう少しフレンドリーで親しみやすい接し方をしてくれてもいいんじゃないかと感じることもありました。
弊社独自調査より

realeconomyさん/男性/40代/エンジニア/⭐️⭐️⭐️☆☆
素人意見ではありますが、講師の方々の教え方や教えるテクニックのあるなし、エンジニアとしての力量などについてはかなり玉石混交だなと感じました。
弊社独自調査より

コードキャンプでは多数の講師が在籍していますが、やはり人と人とのやり取りになるので、受講生によっては特定の講師が合わないということもあるようです。

しかし、講師の選択に関しては、スキルによって差はあるものの、自分で選択することができるので、自分に合うと思った講師の授業を受講するという流れにすれば特に問題は無いでしょう。

マンツーマンでのレッスンですので、自分にピッタリの講師と一緒に頑張っていきましょう。

口コミ一覧を見る

コードキャンプでプログラミングができるようになる?

疑問

コードキャンプでは講師の質が高く、プログラミング技術を身につけることは可能です。

ただし、どれだけ講師の質が高くても、最後に必要になるのは受講者自身のやる気と意思にかかっているので、その点は認識しておきましょう。

オンライン学習というのがコードキャンプの特徴なので、インターネット環境さえあればどこでもレッスンを受けることができます。

ご自身の都合の良いタイミングでプログラミングを学べるので、途中で断念しにくくなっており、最後まで継続しやすい環境が整っています。

公式サイトはこちら

コードキャンプのレッスンコース

コードキャンプではさまざまなコースを提供しており、受講者の目的によって選択することができます。

すべてのコースが初心者からスキルを身につけられますので、何がしたいのか目的をもって選択をしてください。

現在(2019年5月)提供しているコースは以下のとおりです。

マスターコース
  • Webマスターコース
  • Rubyマスターコース
  • Javaマスターコース
  • デザインマスターコース
  • アプリマスターコース
期間限定コース
  • Pythonデータサイエンスコース
  • WordPressコース
  • Unityコース
プレミアムコース
  • プレミアムコース
  • プレミアムプラスコース

それぞれ解説していきます。

マスターコース

まずはマスターコースについてです。マスターコースは未経験の状態からサービスを開発することができるまでを学ぶことができる内容です。

Webマスターコース

コードキャンプ 
出典:公式サイト

プログラミングの未経験者でもwebサイトを作れるようになることを目的とするこのコース。

webサイト構築に必要なHTML・CSS・JavaScriptなどの言語の習得を通じて、パソコンやスマホで閲覧可能なサイトが作れるようになることを目指します。

その他にもjQuery、PHP、MySQLも学び、プログラミングとデータ管理の両方をマスターしていきます。

作成例の課題としては、レシピ検索・インターネット掲示板・ショッピングサイト構築・ログイン、パスワード認証機能の作成などを行います。

就職や転職で差別化できるようなIT技術を身に着けたい人、知識0から始めたい人におすすめのコースです。

Rubyマスターコース

コードキャンプ
出典:公式サイト

Rubyマスターコースでは、Rubyを駆使したエンジニアになりたい人を対象としています。

起業のハウスエンジニアとして勤務したい人はもちろん、フリーランスのエンジニアとして活動したいという人にもおすすめのコースです。

フレームワークを効果的に学習してweb開発できるようになることを目的としており、作成課題はフリマサイト構築、検索サイト作成、動画投稿サイト、いいね機能やフォロー機能の作成などを行っていきます。

RubyやRuby on Railを中心にwebサイト構築に必要なプログラミング言語を一通り学んでいきます。

Javaマスターコース

コードキャンプ
出典:公式サイト

Javaマスターコースでは、webアプリケーション開発を目指す人のためのカリキュラムが用意されています。

JavaはAndroidでよく使用されるプログラミング言語であり、エンジニア需要の高い言語です。

Javaを身につけることで幅広く現場で活躍することが可能です。

Javaエンジニアは、「オブジェクト指向」という考え方を身につけることを目的としており、いかに効率よくプログラミングを組めるかという考え方が身につきます。

ゲーム作成、社員情報管理システム、API,オブジェクト指向のプログラムなどが課題例となっています。

デザインマスターコース

コードキャンプ
出典:公式サイト

webデザイナーの需要は高まりつつあり、起業でのインハウスデザイナーのほか、フリーランスとして活動するデザイナーの数も増加傾向にあります。

デザインマスターコースでは、そんなwebデザイナーになりたいという人のためのコースとなっており、未経験者からでもサイト制作スキルを身につけることができます。

サイト作成に必要なプログラミング言語であるHTML・CSS・JavaScriptの他にも、フォトショップを始めとするソフトの活用方法についても学習していきます。

アプリマスターコース

コードキャンプ
出典:公式サイト

アプリマスターコースでは、未経験者から自作のアプリが作れるようになることを目的としており、iOS,Androidの両方でアプリ作成できるような技術を身に着けていきます。

自社サイトの構築のためのスキルアップもできます。

作成課題としては、SNSアプリ作成、地図アプリ、カメラアプリ、ニュースリーダーアプリの作成などを行います。

iOS,Androidの両方でアプリ作成ができるようなカリキュラムになっていますので、まんべんなくアプリ開発について学習可能です。

期間限定コース

現在、期間限定で提供しているコースです。こちらのコースは現在のIT業界で特に求められているスキルですので、習得することで自身の大きな武器にすることができます。

Pythonデータサイエンスコース

コードキャンプ
出典:公式サイト

最近人気の高まっているプログラミング言語であるPythonを学ぶことのできるこのコース。

Pythonを学ぶことでデータ処理の業務効率化促進や、人工知能(AI)についても習得することができます。

このコースを受講することでビジネスでの能力を格段に高めることができるようになり、転職や就職の際にも非常に有利になります。

練習問題を多く解くことでスキルを身につけることができるので、確実にレベルアップ可能です。

WordPressコース

コードキャンプ
出典:公式サイト

WordPressコースでは、プログラミング経験の無い人でも基礎からサイト構築ができるような内容です。

WordPressのインストールという基本的なことからスタートし、サーバー設定、プラグインの導入方法といった応用的な内容まで学ぶことができます。

自社でWordPressを運用している人や、個人のサイトを運営したいという人におすすめのコースです。

Unityコース

コードキャンプ
出典:公式サイト

Unityコースでは、ゲーム作成のために必要なプログラミング言語であるUnityを基礎から学ぶことができます。

Unityはプロも使用する言語ですが、初心者でも扱えるように最初は低いハードルの内容からスタートして、徐々にレベルを上げていくことができます。

ゲーム作成に興味があるという人、ゲーム会社への転職を目指している人におすすめです。

プレミアムコース

プレミアムコースはすべての言語が受講可能で、幅広い技術を習得したい方や必要なところを効率的に学びたい方におすすめのコースです。

プレミアムコース

コードキャンプ
出典:公式サイト

プレミアムコースでは、各プログラミング言語の必要なところだけを必要な時に受講できるという内容です。

学習進度を自由に決定でき、複数のコースを組み合わせて自分だけのカリキュラムで学習可能です。

あらゆる言語に挑戦したい人、各言語の必要部分だけ学びたい人、お得に学習したい人におすすめのコースです。

プレミアムプラスコース

コードキャンプ
出典:公式サイト

プレミアムプラスは、プログラミングレッスン受け放題のコースになっており、6ヶ月間のレッスンで回数無制限ですべての言語が学び放題とです。

幅広く学習したい人、上限をきにせずにたくさん学びたい人には特におすすめのコースです。

1回あたりのコース料金も安いというのも特徴です。

公式サイトはこちら

コードキャンプの料金

コードキャンプのレッスンの料金をまとめました。金額は税抜きで表示しています。

【コース料金表】

6ヵ月プラン4ヶ月プラン2ヶ月プラン
全コース共通週の学習時間の目安5~10時間10~15時間20~25時間
レッスン回数60回40回20回
入学金10,000円10,000円10,000円
マスターコース料金298,000円248,000円148,000円
プレミアムコース料金398,000円348,000円248,000円
プレミアムプラスコース料金698,000円498,000円398,000円

【期間限定コース】

期間限定コース受講期間2ヵ月
レッスン回数20回
入学金10,000円
料金148,000円

お支払い方法

コードキャンプのレッスンは以下の方法でお支払いができます。

  • 銀行振込(一括)
  • クレジットカード(一括・分割)

コードキャンプをお得に受けるには

料金

コードキャンプのレッスンをお得に受ける方法として「無料体験レッスン」を受けるという方法があります。

無料体験レッスンを受けることで、講義のイメージを掴めたり、不安や疑問に思っていることを相談することができるので、コードキャンプを受けるか受けないかを決める判断材料になるだけでなく、割引クーポンとして1万円分がもらえるので、ぜひ受けてみることをおすすめします。

また他にも友人や知り合いを招待することで、本人と友人や知り合いに1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも行なっているので、ぜひ利用してみてください。

無料体験レッスンはこちら

コードキャンプによくある質問

疑問を抱える女性

ここからはコードキャンプを受講する前に確認しておくべきことを解説します。

どのコースを学んだらいいの?

コードキャンプでは数多くのコースが存在しますが、どのコースを選択するかはその人の目的によって変わります。

IT業界への転職や就職を考えている、デザインができるようになりたい、データ管理能力を身に着けたいなど、人によってスクールを使う理由は異なります。

未経験者の人は何を学ぶべきかがはっきりしないことが多いので、まずは無料体験コースを受けて相談して決めるのがいいでしょう。

どれくらい学習時間は必要なの?

学習時間に関しては、受講するコースによって変わってきますが、それだけでなく受講生の意思、やる気によっても変わってきます。

最短でスキルを身に着けたい人であれば受講ペースも早くなるので、短期間で修了することも可能です。

未経験者の場合は基礎から学ぶので比較的長い時間を要しますが、それでも本気で取り組む人とそうでない人によって、学習時間は変わってきます。

本当に就職や転職ができるの?

コードキャンプ
出典:公式サイト

コードキャンプでは転職を無料でサポートしてくれる体制が整っています。

IT業界人材を欲する起業の紹介を行ってくれるので、希望する業界に進みやすくなり、また入社が決まればお祝い金として10万円をもらうこともできます。

コードキャンプで学んだスキルをしっかりと現場で活かせるような環境が整っているので、高いモチベーションで学習することができます。

レッスンに必要な道具

レッスンには以下の道具が必要です。

  • インターネット環境
  • パソコン
  • webカメラ
  • マイク・スピーカー機能(ヘッドセット、マイク付きイヤホンなど)
  • Googleアカウント
  • Google Chrome

コードキャンプがおすすめな人

コードキャンプは自宅でプログラミングを学習することができるサービスです。特に以下の項目にあてはまる方にはおすすめです。

  • 現在、仕事や勉強で忙しくスクールに通う時間がない方
  • 自宅からオンラインで勉強したい方
  • 質の高い教材や講師のもと学びたい方
  • エンジニアとしての就職や転職を目指している方
  • フリーランスエンジニアとして独立して働きたい方
  • プログラミングスキルで副業をしたいと考えている方

コードキャンプでは無料体験も行なっているため、疑問に思うことや不安なことなど、質問はなんでも聞いてみるといいでしょう。

公式サイトはこちら

まとめ

コードキャンプについて解説してきました。

コードキャンプはオンラインでのプログラミングスクールなので、時間にや場所に縛られずに自由にレッスンを受けることができます。

用意されているコースもバリエーションに富んでいるので、目的に合わせて学習ができます。

自分が将来どうなりたいのか、どのようなスキルを身に着けたいのかをしっかりと考えたうえでコースの選択をすることが大事です。

まずは無料体験を利用してスクールの感覚をつかみ、その上で自分に最適なコースを選択しましょう。

コードキャンプは本気で取り組む受講生の強い味方です!

公式サイトはこちら

関連記事

t”>

コードキャンプ アイキャッチ
最新情報をチェック!