Tポイントを即日現金化する方法とは?もっとも効率的なのはあの方法

節子
Tポイントってよく貯まるんだけど、意外と使い道に困るのよね……。
節フクロウ
それなら、Tポイントを現金化するのもいいんじゃないかな? Tポイントはいろんな方法で現金にできるんだよ。

現在では、吉野家、ファミマ、TSUTAYAなど、さまざまな場所でTポイントを貯めることができます。そのため、Tポイントが貯まっている人も多いと思います。

しかし、それでもTポイントポイントが使える場所は限られますし、有効期限がある場合もあります。そのため、「Tポイントを現金化したい!」と考えていませんか?

そこで、この記事ではTポイントをもっとも効率的に即日現金化する方法について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

Tポイントを効率的に現金化する方法6選

Tポイントの現金化の方法は以下の6つです。

  1. 家族や友達にお願いする
  2. bitFlyerでビットコインを購入する
  3. SBIネオモバイル証券で株を購入する
  4. ジャパンネット銀行のTポイント現金化サービス
  5. ヤフーオークションで金券を買い、それを現金化する
  6. Tポイントで商品を買い、それを転売して現金化する

それぞれの方法を比較すると以下のようになります。

換金率最低限必要なポイント交換に必要な時間期間固定Tポイント交換に必要な手間
家族や友達にお願いする100%最短即日ほぼ交換できない少ない
bitFlyerでビットコインを購入する0~99%221ポイント最短即日交換できない少ない
SBIネオモバイル証券で株を購入する90~100%以上最短5営業日ほぼ交換できない少し~中程度
ジャパンネット銀行のTポイント現金化サービス85%1000ポイント2週間程度交換できない少ない
ヤフーオークションで金券を買い、それを現金化する~90%程度金券による最短即日ほぼ交換できる少し~中程度
Tポイントで商品を買い、それを転売して現金化する20~70%程度商品による最短即日交換できない少し~中程度

それぞれの方法について、おすすめ度順に見ていきましょう。

家族や友達にお願いする

家族や友達にお願いする
家族や友達にお願いする方法の特徴は以下のとおりです。

換金率100%
最低限必要なTポイント
交換に必要な時間最短即日
期間固定Tポイントほぼ交換できない
交換に必要な手間少ない

それぞれ見ていきましょう。

具体的な方法

Tポイントをできるだけ高い換金率で現金化したいなら、家族や友達にお願いするのが一番です。

具体的には、家族や友達とTポイントが使える店に行き、料金を支払う時に自分のTポイントで支払ってもらいます。そして、Tポイントで支払った分の料金を現金で受け取ります。

これならほぼ確実に100%の換金率でTポイントを現金化できます。

 

ただ、この方法を使うと周りの人に「お金の余裕がないのではないか」などと思われてしまう可能性があります。周りの人からの評判を気にする人は他の方法を選んだほうがいいでしょう。

また、この方法はその友達や家族にほしいものがあり、それがTポイントを使える店で購入できる場合にしか使うことができません。

換金率:100%

家族や友達にお願いする場合、Tポイントをどのくらいの換金率で現金化できるかは交渉次第でしょう。しかし、よほど意地の悪い人でない限り、1ポイント1円で現金化してくれるはずです。

最低限必要なTポイント数:特になし

家族や友達にお願いする場合、最低限必要なTポイント数は購入する商品次第です。Tポイントはファミマでも使うことができるので比較的少額でも交換できるでしょう。

ただ、友達や家族にお金を使ってもらうことになるので、多くのTポイントを現金化するのは難しいと思います。

交換に必要な時間:最短即日

この方法の場合、友達や家族の都合がつけばいつでもTポイントを現金化することができます。できるだけ時間に余裕がある人を選ぶと早く現金化できるでしょう。

期間固定Tポイント:ほぼ交換できない

期間固定Tポイントは決まった場所でしか利用できないTポイントです。この方法で期間固定Tポイントを使えるかどうかは、どこで使える期間固定Tポイントかによります。

たとえば、期間固定Tポイントはヤフーのサービスで付与されることが多いですが、その場合はヤフーオークションなどでTポイントで支払ってもらえば、現金化することができます。

期間固定Tポイントがある場合には、その期間固定Tポイントが使える場所でTポイントで支払ってくれないか交渉する必要があります。

交換に必要な手間:少ない

友達や家族を利用する場合、店に行ってTポイントを使うだけなのでそこまで大きな手間はかかりません。

しかし、人と関わるのが苦手な人は、この方法を使うのが大きな手間だと感じるかもしれません。

bitFlyerでビットコインを購入する

ビットコインを使う方法

bitFlyerでビットコインを購入する方法の特徴は以下のとおりです。

換金率0~99%
最低限必要なTポイント221ポイント
交換に必要な時間即日(bitFlyerの口座開設をしている場合)
数日程度(bitFlyerの口座開設をしてない場合)
期間固定Tポイント交換できない
交換に必要な手間少ない

それぞれ見ていきましょう。

具体的な方法

bitFlyerというビットコイン取引所ではTポイントでビットコインを購入できます。もちろん1ポイント1円換算で購入できます。

そして、購入したビットコインを売れば、現金を手に入れることができます。これを出金すればTポイントを現金化できます。

bitFlyerホームページ

換金率:ポイント数により大きく異なる

bitFlyerでビットコインを購入する方法では交換するポイント数により換金率が大きく異なります。

Tポイントでビットコインを購入し、それを現金化するまでは換金率はほぼ100%です。取引量が10万円以下の場合、かかる手数料は0.15%のみだからです。

しかし、現金を出金する時は少し手数料がかかります。具体的には以下のように、最大770円(税込)の手数料がかかってしまいます。

3万円未満の出金3万円以上の出金
出金先が三井住友銀行の口座の場合220円(税込)440円(税込)
出金先が三井住友銀行の口座以外の場合550円(税込)770円(税込)

そのため、bitFlyerでビットコインを購入する方法は交換するTポイントが少額の場合は換金率が低くなってしまいますが、高額の場合には高い換金率で交換できます。

交換するTポイント別の換金率は以下の表のとおりです。なお、ビットコインを買ってから売るまでの価格変動はなかったものとします。

500ポイント1000ポイント2000ポイント3000ポイント5000ポイント10000ポイント30000ポイント50000ポイント
出金先が三井住友銀行の口座の場合56%78%89%約92.7%約95.6%約97.8%約98.5%約99.1%
出金先が三井住友銀行の口座以外の場合45%約72.5%約81.7%89%94.5%約98.2%98.9%

ちなみに、この方法が優れている点は、もれなくすべてのTポイントを現金化できるところです。ほかの方法では購入するものによってTポイントが余ってしまうことが多いですが、この方法ではそれがないのです。なお、ビットコインは常に価格が変動している投資商品です。長く保有してると価格が大きく変わってしまう可能性があります。Tポイントでビットコインを購入したら、できるだけすぐ売却したほうが無難でしょう。

最低限必要なTポイント数:221ポイント

bitFlyerでは最低0.00000001ビットコインから購入できます。これは、1円よりもはるかに小さい単位です。そのため、持っているTポイントがたとえ1ポイントでも現金化できます。

ただ、出金には手数料が必要なため、最低でも221円分はないと口座から出金した時に0円になってしまいます。

交換に必要な時間:口座を持っていれば即日

この方法ではbitFlyerの口座を持っているかどうかで交換に必要な時間が大きく異なります。

まずbitFlyerの口座を持っている場合、ビットコインはほぼ365日24時間取引が可能なのでTポイントの交換は一瞬で終わります。

そのため、基本的には即日現金化できます。ただ、bitFlyerから銀行口座への出金は14時50分までにしないと当日中に反映されないので注意が必要です。

bitFlyerの口座を持ってない場合には口座開設が必要です。bitFlyerの口座開設には数日程度かかるようです。

期間固定Tポイント:交換できない

bitFlyerでビットコインを購入する方法では期間固定Tポイントを交換できません。

交換に必要な手間:少ない

交換に必要な手間もbitFlyerの口座を持っているかどうかで変わります。

口座を持っている場合、ビットコインをTポイントで買ってすぐに売って現金化し、それを銀行口座に出金するだけなので手間はほとんどかかりません。

口座を持ってない場合は口座開設の必要があるので、少し手間がかかります。

③SBIネオモバイル証券で株を購入する

SBIネオモバイル証券で株を買う方法

SBIネオモバイル証券で株を購入する方法の特徴は以下のとおりです。

換金率90~100%以上
最低限必要なTポイント
交換に必要な時間最短5営業日(SBIネオモバイル証券の口座を持っている場合)
9営業日~(SBIネオモバイル証券の口座を持ってない場合)
期間固定Tポイントほぼ交換できない
交換に必要な手間少ない(口座開設してない場合は中程度)

それぞれ見ていきましょう。

具体的な方法

SBIネオモバイル証券はTポイントを使って株を購入することができる日本ではじめての証券会社です。しかも、1株から株を購入できるため、数百ポイントでも株を買えます。

そして、Tポイントで購入した株は現金で売ることができます。これを出金すればTポイントを現金化できるのです。しかも、即日かつ無料で出金できます。

また、サービス利用料は月額制になっています。50万円までの取引なら月額利用料は220円ですし、毎月200ポイントの期間固定Tポイントが付与されます。つまり、実質消費税の20円を負担するだけでTポイントを使って株を購入できるのです。

そして、利用しない時には一時停止手続きをすれば月額利用料はかかりません。

SBIネオモバイル証券のホームページ

換金率:90~100%以上

SBIネオモバイル証券ではサービス利用料は実質20円ですし、出金や口座開設にお金はかからないので、かなり高い換金率でTポイントを現金化できます。

ただ、株は買ってから売るまで最短でも2営業日必要です。その間に株価が上がった場合には100%を超える換金率で現金化できる場合がありますが、下がった場合には換金率が下がってしまいます。

株価が変動するリスクを減らしたい場合には、値動きが少ない株を選ぶのがおすすめです。

最低限必要なTポイント数:特になし

SBIネオモバイル証券でTポイントを現金化する場合、株を購入できるだけのTポイントは必要です。

しかし、実際は持っているTポイントが0ポイントでも株を購入できます。なぜなら、SBIネオモバイル証券ではTポイントが月に200ポイント付与され、150円程度から購入できる株も取引できるからです。

自分が持っているTポイントと付与される200ポイントでもっともポイントが余らない株を買えば、効率的に現金化できるでしょう。

交換に必要な時間:最短5営業日

SBIネオモバイル証券でTポイントを現金化する場合、交換にはそこそこ時間が必要です。

まず、SBIネオモバイル証券の口座を持ってない場合、口座開設する必要がありますが、これには最短で4営業日程度かかります。

 

また、株は買ったり売ったりするまで最短3営業日かかります。これはAmazonのようなものだと考えるとイメージしやすいと思います。

Amazonでは注文してから家に届くまで数日かかりますが、株も注文してから届くまで時間がかかるのです。

そのため、株が受け渡された日に売っても、株を買ってから現金化するまでには最短でも5営業日かかります。

期間固定Tポイント:ほぼ交換できない

期間固定Tポイントは決まった場所でしか利用できないTポイントです。SBIネオモバイル証券では、SBIネオモバイル証券で月に200ポイント付与される期間固定Tポイントは現金化できます。

しかし、ほかのサービスで付与された期間固定Tポイントは現金化できません。

交換に必要な手間:口座を持っている場合は少ない

SBIネオモバイル証券でTポイントを現金化するには以下の手順を踏む必要があります。

  1. (SBIネオモバイル証券で口座開設)
  2. 株を購入
  3. 株を売却
  4. 出金して現金化

口座開設をしてない場合はそこそこ手間がかかりますが、口座をすでに持ってる場合の手間は少なめで済むでしょう。

ジャパンネット銀行のTポイント現金化サービス

ジャパンネット銀行を使う方法

ジャパンネット銀行のTポイント現金化サービスを利用する方法の特徴は以下のとおりです。

換金率85%
最低限必要なTポイント1000ポイント
交換に必要な時間2週間程度(ジャパンネット銀行の口座を持っている場合)
20日程度(ジャパンネット銀行の口座を持ってない場合)
期間固定Tポイント交換できない
交換に必要な手間少ない(ジャパンネット銀行の口座開設をしてない場合は中程度)

それぞれ見ていきましょう。

具体的な方法

ジャパンネット銀行ではTポイントの現金交換サービスを展開しています。このサービスではTポイントを100ポイントあたり85円で現金化できます。

まず、このサービスを利用するためにはジャパンネット銀行で口座を開設し、Yahoo! JAPANの会員登録もする必要があります。Yahoo! JAPANとTポイントを連携すれば、Yahoo! JAPANでTポイントを管理できます。

その後、Yahoo!ウォレットの受取口座をジャパンネット銀行の口座に設定する必要があります。

そして、Yahoo! JAPANからTポイントの現金交換を申請すれば、ジャパンネット銀行の銀行口座にTポイントが現金で振り込まれるのです。

換金率:85%

ジャパンネット銀行ではTポイント100ポイントを85円で現金化できます。そのため、換金率は85%です。

最低限必要なTポイント数:1000ポイント

ジャパンネット銀行では1000ポイント以上100ポイント単位でTポイントを現金化できます。

そのため、最低限1000ポイントは持っておく必要があります。

交換に必要な時間:口座を持っている場合は2週間程度

ジャパンネット銀行の口座を持っていて、Yahoo! JAPANのIDも持っている場合、交換に必要な時間は約2週間です。

ただ、ジャパンネット銀行の口座を持ってない場合は口座開設に最短5日かかります。そのため、ジャパンネット銀行の口座を持ってない場合は交換まで20日程度必要でしょう。

期間固定Tポイント:交換できない

期間固定Tポイントは決まった場所でしか利用できないTポイントです。ジャパンネット銀行では期間固定Tポイントは交換できません。交換できるのは通常のTポイントのみになります。

交換に必要な手間:口座を持っている場合は少ない

交換に必要な手間はジャパンネット銀行の口座やYahoo! JAPANのIDを持っているかどうかによって大きく変わります。

どちらも持っている場合には基本的に申し込み、銀行口座から出金するだけなので、少ない手間で済むでしょう。

しかし、何の準備も整ってない場合はそこそこ手間がかかります。以下のような手順を踏む必要があるからです。

  1. ジャパンネット銀行の口座開設
  2. Yahoo! JAPANの会員登録
  3. Yahoo! JAPANとTポイントを連携
  4. Yahoo! ウォレットにジャパンネット銀行の口座を登録
  5. Tポイントの現金交換の申し込み

ヤフーオークションで金券を買い、それを現金化する

金券を使う方法

ヤフーオークションで金券を買い、それを現金化する方法の特徴は以下のとおりです。

換金率~90%程度
最低限必要なTポイント金券による
交換に必要な時間即日~数日程度
期間固定Tポイントほぼ交換できる
交換に必要な手間少し~中程度

それぞれ見ていきましょう。

具体的な方法

ヤフーオークションでは支払方法が「Yahoo!かんたん決済」に対応している場合、Tポイントを使って商品を購入できます。そして、ヤフーオークションにはさまざまな金券が数多く出品されています。

そのため、ヤフーオークションでTポイントを使って金券を購入し、それを現金化すればTポイントを現金に交換できるのです。

詳しい方法は金券の種類によって異なります。それぞれ見ていきましょう。

Amazonギフト券を使う場合

一番おすすめなのはAmazonギフト券を買って、ネット上のAmazonギフト券買取業者に売ることです。売られているAmazonギフト券は以下のように、Amazonのサイト上で書かれているアルファベットや文字列を入力するコードタイプがほとんどです。

コードタイプでは落札してTポイントを支払った後、取引ナビで出品者にAmazonギフト券のコードを教えてもらいます。

Amazonを日常的に利用している人は手に入れたギフト券をそのまま使うのも手です。一方、現金化する場合はAmazonギフト券買取業者を利用するのがおすすめです。

ただ、よくわからない業者を利用するのが不安だという人もいるでしょう。その場合は手に入れたAmazonギフト券をヤフーオークションに出品すれば現金化できます。

ヤフーオークションで出品するためには月額462円(税抜)のYahoo!プレミアムに入会する必要がありますし、原則8.64%の落札システム利用料がかかります。

ただ、Yahoo!プレミアム新規入会の場合は最大6ヶ月間は月額会員費が無料なので、Amazonギフト券を買った価格と売った価格が同じだった場合には高い換金率でTポイントの現金化ができます。

ほかの金券を使う場合

ほかの金券を現金化する時も基本的に手順は同じです。まずヤフーオークションでTポイントを使って金券を購入します。ふつうの金券は落札してから郵送してもらうため、送料がかかりますし、郵送に何日か必要なので注意が必要です。

金券が家に届いたら金券ショップに行き、金券を現金化しましょう。

買取価格はショップや金券によって異なりますが、80~95%程度の価格で買い取ってもらえることが多いようです。

換金率:~90%程度

換金率は使用する金券によって大きく異なりますが、目安はあります。だいたいの換金率は以下の表のとおりです。

コードタイプのAmazonギフト券をAmazonギフト券買取業者に売った場合90~95%程度
コードタイプのAmazonギフト券をヤフーオークションに出品した場合88~93%程度
金券を金券ショップで買い取ってもらった場合70~85%程度

最低限必要なTポイント数金券を金券ショップで買い取ってもらうと送料がかかる分、換金率が低くなっているのがわかります。

最低限、金券が購入できるだけのTポイントは必要です。たとえば、金券として代表的なクオカードの場合、最低300円分から購入できます。

また、Amazonギフト券は最低15円分から購入できます。

交換に必要な時間:即日~数日程度

この方法の利点は比較的短時間で交換できることです。コードタイプのAmazonギフト券をAmazonギフト券買取業者に売る場合、即決価格で購入すれば最短即日で現金化できます。

コードタイプのAmazonギフト券をヤフーオークションに出品した場合は落札まで時間がかかるので、数日程度かかることが多いでしょう。

また、金券を金券ショップで買い取ってもらった場合も郵送に時間がかかるため、数日程度かかることが多いでしょう。

期間固定Tポイント:ほぼ交換できる

期間固定Tポイントは決まった場所でしか利用できないTポイントです。期間固定TポイントはYahoo! JAPANで付与されることが多いですが、ヤフーオークションではYahoo! JAPANで付与された期間固定Tポイントを使用できます。

そのため、ほとんどの期間固定Tポイントはこの方法で使えます。

交換に必要な手間:少し~中程度

この方法は換金率は高いですが、交換には少し手間がかかります。たとえば、Amazonギフト券をAmazonギフト券買取業者に売る場合、以下の手順を踏む必要があります。

  1. Amazonギフト券をヤフーオークションで落札する
  2. 取引ナビでコードを教えてもらう
  3. Amazonギフト券買取業者のホームページで売却を申し込む

ほかの金券を使う場合、これよりもう少し手間がかかります。

Tポイントで商品を買い、それを転売して現金化する

商品を転売する方法

Tポイントで商品を買い、それを転売して現金化する方法の特徴は以下のとおりです。

換金率20~70%程度程度
最低限必要なTポイント商品による
交換に必要な時間即日~数日程度
期間固定Tポイント交換できない
交換に必要な手間少し~中程度

それぞれ見ていきましょう。

具体的な方法

Tポイントを現金化する方法には、Tポイントで商品を買い、それを転売して現金化する方法もあります。この時使える商品にはゲームソフト、ダイエットサプリなどがあります。

まず、ゲームソフトの場合、まずはTSUTAYAに行ってゲームソフトをTポイントで購入します。この時、あらかじめ高く売れるゲームソフトを調べておき、それを購入すると高い換金率で現金化できます。

ゲームソフトを買ったら、続けてそれを買い取ってもらい、現金を手に入れます。ゲームソフトの買取はTSUTAYAでもやってますが、ほかにもさまざまな店が行っています。

買ったゲームソフトをできるだけ高く買ってくれる店を選び、現金化しましょう。この方法はほかの商品を転売する場合と比べて換金率が高いですが、ゲームソフトの値段を考えると少額のTポイントを現金化するのには向いてません。

 

少額のTポイントを現金化したい場合はダイエットサプリを使うのがおすすめです。ダイエットサプリはコンビニ、薬局などで売られていますが、コンビニの中でもファミマ、薬局の中でもウェルシアではTポイントで買い物ができます。

これらの店舗でTポイントを使ってダイエットサプリを買ったら、次はダイエットサプリを買い取ってくれるネット業者で売るか、メルカリで出品して現金化しましょう。

ただ、この方法は時によって換金率がかなり違うことがデメリットです。

換金率:20~70%程度

Tポイントで商品を買い、それを転売して現金化する方法の場合、換金率は低めと考えておいたほうがいいでしょう。

換金率は使用した商品によってかなり異なりますが、80%を超える換金率を出すのはなかなか難しいと思われます。

最低限必要なTポイント数:商品による

最低限必要なTポイント数は購入する商品によってかなり異なります。ダイエットサプリの場合は数百円から購入できます。ゲームソフトの場合は1,000円程度から購入できます。

交換に必要な時間:即日~数日程度

Tポイントで商品を買い、それを転売して現金化する方法の場合、即日現金化できることが多いでしょう。

ただ、メルカリで出品した場合は現金化に数日かかる可能性があります。

期間固定Tポイント:交換できない

期間固定Tポイントは決まった場所でしか利用できないTポイントです。この方法では期間固定Tポイントは使用できません。

交換に必要な手間:少し~中程度

この方法の場合、交換に必要な手間は少なめなことが多いでしょう。基本的には店舗でTポイントを使って商品を買い、それを別の店で買い取ってもらうだけです。

ただ、メルカリで出品する場合には郵送する時に梱包する必要もあるため、そこそこ手間がかかります。

まとめ

この記事ではTポイントを現金化する6つの方法について見てきました。それは以下の方法です。

  1. 家族や友達にお願いする
  2. bitFlyerでビットコインを購入する
  3. SBIネオモバイル証券で株を購入する
  4. ジャパンネット銀行のTポイント現金化サービス
  5. ヤフーオークションで金券を買い、それを現金化する
  6. Tポイントで商品を買い、それを転売して現金化する

それぞれの方法を比較したのが以下の表です。

換金率最低限必要なポイント交換に必要な時間期間固定Tポイント交換に必要な手間
100%最短即日ほぼ交換できない少ない
0~99%221ポイント最短即日交換できない少ない
90~100%以上最短5営業日ほぼ交換できない少し~中程度
85%1000ポイント2週間程度交換できない少ない
~90%程度金券による最短即日ほぼ交換できる少し~中程度
20~70%程度商品による最短即日交換できない少し~中程度

ただ、どの方法もTポイントを100%の換金率で現金化するのは難しいでしょう。結局、Tポイントはポイントのまま使用するのがベストなのかもしれません。

ちなみに、Tポイントを現金化する以外の使い道については以下の記事で解説しています。合わせて参考にしてみてください。